特撮

仮面ライダーゼロワン 4話 動画4話 3話2話1話フル(無料)kissasian/pandora/デイリーモーション第1話/b9/フリドラ

仮面ライダーゼロワン/無料動画/4話3話2話1話/kissasian pandora/Dailymotion(デイリーモーション)b9//フリドラ

 

 
2019年9月15日9時から『仮面ライダーゼロワン第3話』が放送されます

 

当記事では、仮面ライダーゼロワン3話動画 無料Dailymotion/pandora/b9/フリドラ/kissasianなどで見れない時にまたは見逃し配信でみたいときや
 

仮面ライダーゼロワンの第3話」の無料動画視聴についてとみんなの感想についてまとめた書きます。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

仮面ライダー01 動画第4話 無料配信公式youtube
 

仮面ライダーゼロワン』動画3話番組内容

 

仮面ライダー01 第4話 動画 無料配信公式youtube番組内容

 
「バスガイドは見た!アンナ真実」 バスガイドヒューマギア・アンナの職場視察のため、或人とイズは、中学生を乗せた観光バスに同乗。のどかな景色に心癒される或人だったが、12年前の爆発事故現場にやってくると表情を硬くする。今ではデイブレイクタウンと名付けられ、事故現場は負の遺産となっていた。アンナの説明に生徒たちは、爆発は郷の父親のせいだとはやし立て…。

 

仮面ライダー014話キャスト

 

仮面ライダー01/飛電或人(ひでん・あると):高橋文哉 仮面ライダーバルカン/不破諫(ふわ・いさむ):岡田龍太郎 イズ(いず):鶴嶋乃愛 刃唯阿(やいば・ゆあ):井桁弘恵 迅(じん):中川大輔 滅(ほろび):砂川脩弥 福添准(ふくぞえ・じゅん)副社長:児嶋一哉飛電是之助(ひでん・これのすけ):西岡徳馬 飛電其雄(ひでん・それお):山本耕史 ザットの声:日高のり子 ナレーション:山寺宏一
◇ゲスト
アンナ:大久保聡美 桜井郷:山田日向

仮面ライダーゼロワン動画4話ネタバレ

暴走したマモル

ヒューマギアが皆、イイヤツっぽいのが仮面ライダーゼロワンの良い点でもあって、切ない点ともいえる気がしませんか?
1話で出てきた腹筋崩壊太郎もだったけど、2話で登場したマモルも。真面目に人間のためにと誠実な仕事ぶり。

仕事に誇りを持ってるとこも、優秀なとこも素晴らしい。滅亡迅雷.netに接続されちゃう時、苦しそうだけど、自分の仕事は人間の手伝いだと拒否しようとしてて可哀想。しかも!一回そうなっちゃったらヒューマギアを元に戻す方法はないなんて。悲しすぎるよ。

マモルは或人に家族って言ってもらえて、ケガ(故障箇所?)に布を巻いてもらって、喜びをかみしめてるシーンがあったんだよね。わぁ良かったね~と微笑ましくなったのに。暴走したマモルを倒さなくちゃいけないなんて。

或人も悲しい立場だよね。こんな宿命を背負わなくちゃいけないなんて。

ただ戦うだけじゃなく、心を通わせた自社のヒューマギアを壊さなくちゃいけなくなるなんて。今後もこんな事があるんだろうけど、そんな切ないことって…。こういうこともあったからこそ、或人が社長としての決意を新たに、という形にはなったけど。早くこんな滅亡迅雷.netをなんとかして欲しい!という気持ちにさせてくる。

マモルは新しくまた作られたみたいだけど、あのマモルはやっぱり戻せないんだよなと。

ヒューマギアが魅力ある程に、切なく、そして滅亡迅雷.netの卑劣さも際立ってるかも。

デイブレイクタウンが滅んだ理由

前回からの謎として、デイブレイクタウンが滅んだ理由や、AIMSの不破がヒューマギアを異常に憎んでいる理由や、或人の父親の飛電其雄がヒューマギアではないのか?という点が気になっていましたので、それが今回、デイブレイクタウンで昔、街一つがキエタ爆発事故があり、その街に居た学生だった不破が、暴走したヒューマギア達が人間の大量殺戮をしていた事から憎んでいると分かり、更にヒューマギアだった父親に或人が守られ死なずに済んだ事まで分かり、一気に謎が解消されたのもスッキリした気分になりました。

しかし、そもそもヒューマギアが何故殺人マシーンとして暴走したのかは不明だったので、その点が明らかになるのが今から楽しみにもなりました。

まだ物語上で他にも気になる謎が今回見つかりましたが、会社内に暴走したヒューマギアが現れた時に、イズがAIMS達に仮面ライダーである事が分からない様に対応するようにと話していたのが気になっていて、ゼロワンの技術をAIMSに知られたくない命令を誰かから受けているのか?

だとしたらそれは通信衛星ゼアの命令なのか?更にだとしたらAIMSの仮面ライダーのシステムとはゼロワンは違うのか?と、色々と謎な部分が出てきて、想像するだけでワクワクしてしまいました。そんなポイントも楽しみながら見られました。

仮面ライダーゼロワン動画3話2話1話

令和初の仮面ライダーゼロワン

平成ライダーはイケメン揃いで話を盛り上げてきましたが、令和はどのようなライダーが活躍するのでしょうか。その指標ともなる第一作なので期待がとても大きいです。

タイトルについても令和にちなんで、れいわ→れいわん→ゼロワンと名付けられていて、制作サイドでも令和初のライダーをそれなりに意識していることが伝わってきます。平成ライダーで毎年これまでの固定概念を打ち壊しながら新しい要素を様々な方向から取り入れて進化し続けてきた下地があるので、どのような方向性になるのか予測がつきません。

公式サイトを見ると、売れないお笑い芸人なのに人類滅亡のカウントダウンが始まっている世界で企業最強の社長仮面ライダーになるという掴みどころのない話のようなので、今回も笑いありシリアスありの展開が期待できます。

仮面ライダーは毎年変身ベルトが大人気なので、今年はどんなギミックが付いているのか非常に気になります。

今作はスーツアクターも気になるものの一つです。これまでは高岩成二さんという方が仮面ライダーのスーツアクターとして活躍していたのですが、引退等の噂も出ていて、ゼロワンのスーツアクターは誰が務めるのかファンとしては目が離せないポイントです。

連ドラ等では近年、元平成ライダーたちが活躍しています。

今回のキャストも将来大人気になるかと思うと、早くその演技を見てみたいと期待が高まります。

アンジャッシュの小島さん

「仮面ライダーゼロワン」では、結構面白い部分として実際のお笑い芸人が出演しているという部分が挙げられます。

主人公がそもそもお笑い芸人であるという点が特徴的なのですが、それを踏まえたうえで第1話ではなかやまきんに君が登場していますし、レギュラーに近い存在の登場人物としては、アンジャッシュの児島一哉さんが出演しているのです。

お笑い芸人として非常に知名度がある人たちですけど、そういった人たちが物語を面白おかしく彩っていくことが期待されます。

お笑い芸人がこうやってドラマに出ること自体は不思議ではない、割と見るような光景ですけど、普通の俳優とは違った魅力を持っていると思うのです。

演技力に関して、プロ俳優と肩を並べられるとは限らないものの、彼らのコミカルな部分を普段から観ているだけに、真面目に演技に徹したときの真剣なまなざしのようなものは感じられると思うのです。

そういうギャップが1つの魅力となると言えますし、こういった作品の見どころになると思います。

普通の俳優とは違う雰囲気を持っている人たちと言えますから、お笑い芸人の人たちがこの仮面ライダーの作品を面白く、魅力的に支えてくれることになるのではないか?と思います。

ポイント

本作のポイントは、主人公である仮面ライダーゼロノス以外のキャラクターの設定などにも、AIやテクノロジーの要素を取り入れていることではないかと思います。。そして主人公の秘書を務めているロボットには学習して行動パターンを変化させることが出来るのです。

悪のテロリストであるがヒューマギアを操る際には、人間を攻撃対象とするデータを操作して、悪の行動倫理に書き換えるという手口を使っているようなので、思想が大事な作品ではないかと思います。

AIに関してもしっかり監修を企業に依頼しており、仮面ライダーゼロワンではAIをしっかりメインで描くことを考えている印象になっているのではないでしょうか。

この点に注目しながらこの仮面ライダーゼロワンを視聴する事が大事になってくると思います。

この仮面ライダー作品は近未来になっておりますが、近い将来においては人間が行っている仕事でもこの先はロボットが行う可能性があります。

ゼロワンではAIが普及すると、日本の社会はどう変わるのかをメインにしてしっかり描くことをテーマにしており、見ている子供たちが大人になる前に自分たちで社会の事を考えることの出来るきっかけになる作品になっていくのではないでしょうか。

果たしてどんな未来を描いていくのかも楽しみです。主人公は仮面ライダーに変身する主人公として初のAI社長を就任しており、そんな主人公の名前は飛電或人(ひでん・あると)になっています。

彼はなんと当初はお笑い芸人として活動していたのですが、そんなお笑い業界でもAIがメインになっており、お笑い芸人としての芽が出にず人気が出なかったのでした。そんなある時にAIロボットの「ヒューマギア」を開発している「飛電インテリジェンス」の創業社長である祖父が急死してしまうのでした。

祖父の遺言には飛電或人の名前があり、いきなり社長の座を継ぐことになるのでした。しかしながらこのAIの世界では、「人類よりもAIの方が優れている」と考えている思想のテロリスト「滅亡迅雷.net」が暗躍しており、テロリストたちはヒューマギアを暴走させて人類を滅ぼそうと企んでいるのでした。

これは洋画作品などにある設定でかなり面白そうではないでしょうか。

ちゃんとロボット技術よりも人間が大事であることも伝わる作品になっているようで、今後の近未来では人間よりはロボットが活躍する時代になる可能性がありますので、この仮面ライダー作品で人間こそが必要な社会であることを再認識できるテーマになっていることもポイントじゃないかと思います。

仮面ライダーゼロワン動画4話3話2話1話pandora

日本だけでなく、世界でも違法動画をアップロードしているサイトが増えていて、違法に映画やドラマ、動画などを観ている人が世界的に増えている。お金を払って動画を観ることは資金の無駄であるなどと感じ、無料の違法動画に走る人が多いと言われている。これを受け、有料の動画サイトは、有料サイトで動画を観る人だけしか得られないコンテンツを放送したり、特別な企画をサイト内で行うことが目立ってきた。

それにもかかわらず、無料という名に負けて違法動画をダウンロードしてしまう人が未だに多く、社会的悪影響を与えている。違法動画の社会的なデメリットは大きく分けて2つある。

1つ目はYouTubeなどの中に、様々なコンテンツの中に違法動画が混ざっていて、視聴者はそれに気づかずに観てしまったり、ときにはダウンロードしてしまうといったケースである。この場合、視聴者はたとえ私的使用の目的であっても逮捕などの対象になる。

視聴者が気づかないうちに法に反する行為をしてしまうということが、インターネットにある違法動画の怖い点であるため、有料である動画が無料でインストールできるDVDやCDはすぐに違法だと考え、気をつけなければならない。2つ目は、TV番組の違法動画がアップロードされているとう件に関してである。

TV番組が違法でアップロードされてしまうと、テレビを通して番組を直接観る人が減り、視聴者数などを利用した分析などが難しくなるといった問題が起きる。

仮面ライダーゼロワン動画4話3話2話1話デイリーモーション

世の中には違法動画が溢れていて、YouTubeやニコニコ動画などの日本で有名なコンテンツで多くあります。動画の中には、ドラマやアニメなどの放送をそのままアップロードしている物が多くあります。生放送で同時放送していることもあり、テレビの無い環境の人や忙しい人も出掛け先で観ることができますが、正規視聴者と違ってアーカイブが残っていれば見放題で、何のデメリットもなく観ることができますし、CMも飛ばせるので観るのも楽です。

正規視聴者は自分で録画をするか、DVDやBDを買うか借りるかしない限り、CMを観る必要がある上、アニメやドラマなどはニコニコ動画などの公式動画を含めても21:00〜03:00ぐらいの放送が多いです。その結果、正規視聴者の内、録画機器を持っていない人は発売・レンタルされるまで夜中の放送をリアルタイムで観るしか無いです。

また、漫画や小説などを撮影してアップロードをしている人もいます。

正規視聴者?といえるのか分かりませんが、しっかり買っている方はお金の無駄になってしまい、社会的にも漫画家や小説家の方はかなりの痛手になります。

ニコニコ動画などのサイトの動画をキャプチャして、YouTubeに勝手にアップロードする方もいます。

人気実況動画を自分がしたことにして別の名前でアップロードしたり、有料会員限定の動画を違法に断りもなくDLし、アップロードする方もいます。

また現代では、小さな子供でも動画を観ることができますし、子供でもYouTubeやニコニコ動画以外の有名で無いサイトを見て回ることもあります

。小さな子供が当たり前に観ているということは、アップロードも当たり前にしていいのだと思いかねないです。

なので社会的悪影響を与えていると思います。有名で無いサイトで無理に観ようとして、事件に巻き込まれる場合もあります。

違法動画は、DVDやBDなどの媒体にしか無い特典映像もあり、正規視聴者の皆さんの買うという行為をするメリットが無くなってしまい、寧ろただで観れるのにお金を払って買うというデメリットと考えてしまう人も出てきます。社会的悪影響の大きな物事だと思いました。

まとめ

仮面ライダーに返信する主人公というのは、実はお笑い芸人をやっており、それが全く売れないという状況なのです。そして、AI型のロボットに負けてしまい、クビにされてしまうという顛末を迎えてしまいます。

こういった状況だけを見ると、非常にさえない人生に見えてしまいますが、そんな人間が仮面ライダーになるわけですから、人生は分からないものだなと実感させられます。運命の出会いを果たした主人公は、後に仮面ライダーとなり人類滅亡の危機から救おうと奮闘するわけです。
結果的に彼の天職はこっちだったんじゃないか?と思えるような状況になるのです。お笑い芸人としては大成しなかったけど、仮面ライダーとして世界を救うことができるならば、それはそれでやりがいのある仕事でしょう。冴えない主人公が、天職を見つけてそこで活躍するというのはたまに見るようなストーリーではありますけど、非常に面白そうな展開と言えるのではないでしょうか?仮面ライダーとなるような主人公の人間としては珍しいタイプかもしれませんけど、そういう冴えない主人公が変貌を遂げていくようなストーリーが見ごたえになると思うのです。
 
テレビシリーズ「仮面ライダー」の令和の時代になり最初の新作である「仮面ライダーゼロワン」。

今回の仮面ライダー作品ではAI(人工知能)を作品のテーマにしており、この先も変化が激しく動いているAIが普及した未来の日本が舞台になっており、そんな近未来において仮面ライダーゼロワンに変身する主人公はAIを搭載したロボットを開発する企業の社長で、彼は自社のロボがテロリストに悪用されてしまい、それを悪者から防ぐために仮面ライダーゼロワンライダーに変身して戦うストーリーになっています。

本作の注目ポイントはなんと作品の監修には、国立情報学研究所(NII)が担当しており、AIをテーマにしている本作においては監修は本格的ではないでしょうか。

しかしながらこの主人公が社長をしている企業のロボットが悪用されてしまうところは逆に面白い要素になっているのではないかと思います。

今までの敵に関連して主人公にとってはそこまで近い存在ではない敵でありましたが、今回の仮面ライダーゼロワンでは自分の会社に関係しており、それを防ぐために戦うのはかなり納得できるところになっているのではないでしょうか。

主人公はお笑い芸人を目指していたようなので、コメディー要素の高い作品として期待したいです。

無料視聴/見逃し配信/再放送

↓ ↓

 

< 仮面ライダーゼロワン 動画第4話3話2話1話無料配信公式