TVバラエティ倉庫

水トク 見逃し配信 動画 無料視聴2019年9月3日まとめ/tverで見れない時は

水トク/見逃し配信/動画/無料視聴2019年9月3日まとめ

についてまとめた記事です

2019年9月4日19時からTBSテレビで『水トク!「世界衝撃映像100連発」』が放送されます

tver(ティーバー・ディーバー)では見れないですね

tveれ

tverでネットニュースがあるからあるというわけでないです

例を言うと

テレビジョンとか、ネットで情報ニュースあるけど動画配信がないのと同じです

 

当記事では、水トク/見逃し配信/動画/9月3日無料視聴できる
サイトの記事紹介や視聴者の感想をまとめた記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

水トク/見逃し配信/動画/9月3日無料視聴

水トク/ 2019年/9月3日無料視聴/予告動画

水トク! 2019年9月3日 /番組内容

 

旅客機、嵐の中へ
旅客機が巨大積乱雲の中へ…激しい雨風と雹(ひょう)が襲い掛かる!エンジン停止!機体は急降下!乗客乗員の運命は?
天才マジシャン
アメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」に登場し全米を騒然とさせた天才マジシャンの驚愕のマジック!指先の神業を見破れますか?
衝撃映像クイズ
衝撃映像のこの後どうなる?を当てる3択クイズ。パネラーは出入り禁止にならないよう必死で回答!出入り禁止になるのは誰だ?

監視カメラが増えたり携帯電話で簡単に撮影できるようになり衝撃映像が取れる可能性、確率が上がってますね。

衝撃映像的なのはよく見るんですが、ちょっと前まではコレ前にも見たなってのが多かったんです。

最近はそれがかなり減って初めて見る映像が増えてきました。

そしてクオリティ高いというか本当に衝撃的なの多いです。

今回の水トク世界衝撃映像100連発はショッキングな映像をはじめ、子供や動物のほっこり映像も映してくれるみたいなんで良いことだと思います。

ずっとショッキングな映像ばかりでは疲れるし、間に子供、動物映像はいったん休憩いれる感じで必要だと思います。

「旅客機が巨大積乱雲に突っ込んだ!激しい雨風とひょうが機体に襲いかかる」とあるんですが、どこからの映像なのかが気になります。旅客機がカメラ取り付けてるのか、緊急事態でも乗客が取ったのか。

「ついにはエンジン停止、コクピットではパイロット達が必死にトラブルと格闘していた」はこの映像は凄まじく緊迫感ある場面なんで見たいですね。

生きるか死ぬかの場面での映像は手に汗握ると思います。他にも急に建物が崩れたり、歩道が爆発したり、凄まじい波が来たりと間一髪な映像ばかりで見るのが楽しみです。

水トク!「世界衝撃映像100連発」 キャスト

 

MC 千原ジュニア 草野仁 山本里菜アナ パネラー 武田真治 鈴木紗理奈 井戸田潤 藤田ニコル 映画コーナー 有村昆

 

水トク/みんなの感想

自分の身に何かが起きる時、対処できない感じがして怖いです。

どうにもならない自然災害では、なす術が無くて体が硬直してしまいます。

建造物崩壊や乗り物事故は、人間が造り出したものなので、苦しめているのは人間です。

老朽化による爆発は、未然に防ぐことが出来ますが、後回しにしてしまうことで事故が発生してから修理してしまいます。

怖いのは水災害で、飲み込まれてしまうと自力では不可能です。

きれいな景色が当たり一面、地獄絵図に変わってしまい自然の恐ろしさを知ることになります。

どうしてこんなことになったのだ?と思っても誰も責めることができず、呆然と立ちすくむだけです。

世界衝撃映像はいつ見ても残酷なシーンが映し出されてしまい、悲しい気持ちになります。

自分の死を予感していないところから、気がつけば巻き込まれている非常事態です。

事前に予測していても、いつどこで何が起きるか?分からないのが人生です。

平和に暮らしているところに、突然嵐が巻き起こると、人間はどうすることもできません。

自然災害は地球のバランスが悪くなり起こる現象だと思います。

避けられない現実と、人間の命は、たった一つしかない現実に向き合わないと行けません

 

第33弾

単純計算しても100×33で余り計算が得意でない為省かせて頂きますが、どれほど衝撃映像があるのか?期待したいです。

予告動画を拝聴しましたが、建物が突然崩壊、炎がいきなり出て爆発などやはり衝撃映像ばかりです。

ただ以前に拝見した事もあるような映像もちらほらありました。

バスの中で多分ぶつかった衝撃で女性の方と子供さんが天井まで飛ぶ映像は以前も観たことがあります。

焼き回し感は否めない点もあります。

ただ、いつも衝撃映像を観て思うのが
「助かっているから映像を流せる」です。

例えば車のスピード出し過ぎでぶつかり火柱があがる映像や昨今の異常気象で急に雷雨や竜巻が起こり車や家が破壊される映像などは何度観ても「怖い」と私達に注意喚起の意味で何度放送しても良いかと思います。

日常では滅多に起こらない事ですが、実際に起こった事ですので。

ただ100連発衝撃が多すぎてお腹いっぱいなのは正直な感想です。

ただ忘れてならないほのぼのアニマル動画もありの予告。

緩急つけて映像を見られるかと思います。

個人的に有村昆さんの日本語に聞こえるシリーズを楽しみにしています。

視聴者の意見をまとめ

毎回ショッキングな映像を見せてくれる番組ですが、今回も監視カメラから見たバス事故の内部の様子や、橋が壊れていく様子や、建物が倒壊する瞬間や、水道管が破裂する驚きの映像が怖いですが、楽しみに見たいなと思っています。

そういった場面にはなかなか遭遇しないし、遭遇したとしても驚きで何も覚えていないだろうと思われますので、そんな時どうすればよいか?という防犯にも繋がるかもしれませんので、その意味からも是非見たいと思いました。

そんなショッキングシーンとは別にアメリカの人気オーディション番組アメリカズ・ゴッド・タレントに出演し、全米を騒然とさせた天才マジシャンの神業とも言える指先から繰り出されるマジックを見破れるか?という映像も、打って代わって楽しく見られる驚きの映像だなと期待しています。

旅客機が巨大な積乱雲に突っ込み、激しい雨風等が襲いかかる中で、更にエンジントラブルが起こり、コックピットでパイロット達が必死であがく中で機体が急降下していくという場面も非常にスリリングな印象を受け、乗員乗客が果たしてどうなってしまうのか?も楽しみに感じました。

それをゲストパネラーが出入り禁止をかけて三択クイズにて、その後の展開を予想するというのも、視聴者も一緒に考えられて面白いなと思いました。

 

水トク/見逃し配信/動画/9月3日無料視聴/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ

違法動画について思ったことといたしましては、見る人も行けないのかなとは思いました。

見る人がいるからこそ違法動画というものはずっと存在し続けるし、いつまでたっても無くならないんだと思います。

需要があるからこそ供給するのであって、その需要の部分をなくして行けばいつかは違法動画が世の中から無くなるのかなとは思います。

また、違法動画で稼ぐ人たちに罰則を加えた方がいいと思います。

違法動画は他人の作品であり、その動画でお金稼ぎをしているという状態は本当に良くないし、せこいと思うし、本来の著作権のある方々に失礼だと思うので罰則を加えて違法動画をどんどん摘発していくべきだと思いました。

また、著作権の保護に関してもう一度立ち止まって考えるべきだと思います。

著作権という考え方が薄くなっているからこそこのようの違法動画が社会問題となって現れてきており、いろんな方々に迷惑をかけているので、私たち視聴者側の著作権に対する教育を進めていくべきだと思いました。

著作権の考え方が浸透して行けばいずれは違法動画もなくなると思うし、違法動画でなく、正規の動画で見る人も増えていくと思うので大事だと思います。

また、動画のサービスも充実すべきだとも思います。

昨今の版権および著作権に関与した動画の違法投稿は著作者・制作者サイドにおいては利益および創作等に対するモチベーションに悪影響を及ぼしている事が明らかな事案も見受けられ、特に映画やテレビ番組では録画したものを流したり、悪質なものだとYouTubeにおいては一部ユーザーがリアルタイムに放送されている番組をライブ機能を使って垂れ流し状態にしている事もたまに見受けられ、現にYouTubeを見ていて、過去に何回かそのようなチャンネルを見かけた事があり、この事に関しては全国ネットおろか地方番組でも行う事が出来るので、変な話、視聴率を獲得し、それ次第でスポンサーや番組継続も左右されるテレビ番組においては第三者のこのような違法行為により損害・弊害を受けるのは間違いなく、むしろ死活問題であり、YouTube等を含めた動画運営サイドも早めに見つけてチャンネル閉鎖を行ってほしいものです。

しかし、著作者・制作者サイドを守る意味合いである版権・著作権の保護は別の問題を起こす事があり、動画投稿において様々なジャンルが多様性を成しながら増えている事も事実でその中でUFOキャッチャー等を扱ったゲームセンター関連ものというジャンルは動画投稿においてゲームセンターの売り上げにも影響を及ぼしている事があるものの、実は動画に映した景品のフィギュア等のキャラクターグッズにも版権が発生し、さらにゲームセンターを運営する大手企業の中にはゲーム制作を行っている場合もあり、それに関しての著作権の扱いにうるさくやっている場合において、ゲームセンター運営と景品(フィギュア等のキャラクターグッズ)を扱う企業とのいざこざおよび動画撮影においても景品を扱う企業からも版権に関した許可が必要だったりとかなり面倒で、さらに許可を得てもゲームセンターでの動画撮影が禁止されている事がざらにあるそうですが、著作者・制作者サイドを守る版権・著作権の保護は必要であるものの、時に弊害を生み出す事があるのも覚えておいてほしいです。

公式tver(ティーバー・ディーバー)でも見逃した時に
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

水トク/見逃した配信/動画/9月3日無料視聴