TVバラエティ倉庫

バレエの王子になる/動画/9月7日無料視聴NHKロシア・バレエ学校の青春

バレエの王子になる/動画/9月7日無料視聴NHKロシア・バレエ学校の青春

 

 

当記事ではBS1スペシャル▽バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春の無料視聴動画サイトの紹介や視聴者の評価、みんなの感想まとめの記事です。

2019年9月7日22時からBSプレミアムで『BS1スペシャル▽バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春』が放送されます

NHKのBSが見れない方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

バレエの王子になる!無料動画9月7日
 

バレエの王子になる! /2019年9月7日動画の番組内容

 

世界屈指の名門バレエ学校で、美しい若手イケメンダンサーたちが自らの限界に挑む!トッププロを目指す19歳の日系人の若者に密着。競い合う仲間は10年に1人の逸材と呼ばれる天才ダンサーや、モデルもこなす美少年など、世界中から集まった個性あふれる若者たち。スパルタ指導する校長はロシアが誇る伝説のダンサー。厳しい指導に耐え、切磋琢磨しながら成長していく青春の日々と、ロシアバレエの魅惑の世界を描く。

 

バレエの王子になる! キャスト

 

語り
原田美枝子

 

バレエの王子になる/動画/9月7日放送分視聴者のまとめ

 

、映画「ShallWeダンス?」

私がバレエというものを見たのは主役で女優 草刈民代さんを知り、バレリーナだという関連からテレビで舞台の様子を見たのが初めてだったと思います。優雅に舞う姿は、片足つま先立ちでポーズを維持したり、連続で回転したり、バネのごとく高く跳ねたりというもの。それだけの動きをするにはどれだけの鍛え上げが必要かとも感じていました。

「バレエの王子になる」はバレェを一生の仕事としようとバレエ学校へ通い、厳しい戦いの中で心身共に鍛え上げていく4人の男の子たちを対象に密着取材されたドキュメンタリー番組でした。

ひとつの美しい舞台がつくられるまでの、裏での厳しい教育・練習・挑戦、そして周囲の人々の愛というものが積み上げられていく様子を、実際の映像で体感できるのが興味深いです。

どんなスポーツのアスリートでもそうであるが、スポーツに打ち込む姿は、周りには目もくれず、ただ上手くなりたいと自分の限界を超えるくらいの練習をし、精神力を鍛えることに集中している。自分の好きなことに打ち込め、結果がでることは最高の生き方だと思います。

最後、プロとして合格し、最高に美しい演技が成功した姿を見たいです。

 

ロシアの男子バレエの世界というあまり馴染みのない世界に密着し取材

ドキュメンタリーという点に惹かれました。密着した日数は、今年の3月〜6月の間の30日間らしく、それなりにお金のかかった番組なのだろうと予想します。プロダンサーになるためには国家試験に合格し、バレエ団のオーディションを受けなければならないなど様々な事を突破する必要があって、やはり表向きは華やかそうに見えても裏では相当な努力と苦労をなされているんだなと密着取材を行った方のインタビューを見て感じました。

特に、プロになるためには国家試験に合格する必要があるというのは初めて知り、少しばかり驚きました。そして、色々な特徴を持った個性豊かなプロを目指す4人の男子バレエダンサー見習いが苦難を乗り越えどんな成長を遂げるのかにも注目したいです。

ちょっとインタビューを読んだだけでもこれだけ面白く、またびっくりさせられるのだから、それを番組として映像を通して観るとなるとより様々な発見や驚きがあるのかと思うと観てみたくなりました。

今までサッカーなどのスポーツ観賞は好きなのですがバレエにあまり興味を持っていなかったので、これを機にバレエの事を知って、新たな趣味にしていければ良いなと思います。

バレエの王子になる/動画/9月7日みんなの感想

 

みどころ

バレエはロシアにとって国を代表する芸術として扱われています。ロシアにはいくつものバレリーナ養成学校がありますが、その中でも世界最高峰の名門と呼ばれる国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに在籍し、プロを目指す4名の男子生徒を密着取材する番組です。

ワガノワ・バレエ・アカデミーは日本でいうと小学5年から高校卒業に相当する10歳から18歳までバレエ漬けの毎日を送ってプロを目指す養成学校です。

毎年数千人が受験し合格者はたったの60人で、しかも卒業できるのはその半分とも3分の1とも言われる厳しい学校です。

番組に登場する4名はその厳しい勝負に勝ち抜きまもなく卒業を迎えますが、実はこれでゴールなのではなくこれからが勝負になるのです。まず彼らは卒業公演を成功させなければ卒業できません。卒業できてもプロのバレリーナになるには国家試験を受けなければなりません。

ロシアではバレリーナは非常に地位が高いと聞いたことがありますが、何と国家資格なんですね。

さらに国家試験を突破してもバレエ団に採用されなければプロにはなれないのです。

番組は今年の3月から6月までこの4人の男子に密着取材を敢行しています。

毎日厳しいレッスンが続きますが特に校長先生のレッスンは厳しく、「バレエは他人に見られる仕事なんだからテレビカメラなんか気にするようではだめだ」と言い放ち、生徒が失敗するとそれが些細なことでもカメラの前にもかかわらず激怒するのです。

取材班も校長先生の怒りがあまりにも激しくてインタビューの言葉を発せられないこともしばしばだったそうです。

さあこの厳しいレッスンの日々を過ごす4人の運命はどうなるのでしょうか。

まだ18歳の若者なのに自分の人生を賭けてレッスンに臨む姿には美しさとともに恐ろしさすら感じます。

華麗なバレエの世界の舞台裏が見られますのでバレエが好きな人はもちろん今まで興味がなかった人でも楽しめる番組だと思います。

イメージが強い女子バレエではなく、あえて男子バレエ

イメージが強い女子バレエではなく、あえて男子バレエを取り上げているのが面白そうだなと感じました。バレエがテレビで取り上げられても、女子バレエばかりなので、男子バレエに密着したドキュメントは、かなり新鮮で十分に期待できる内容だと思います。

またロシアにとって、バレエは市民の誇りであり国民の象徴、また国家公務員と同じ位置づけとのことですが、どのような歴史があってバレエがそれほどまでの存在になったのかがすごく気になります。

また、生徒の役半分が進級試験なので脱落するとの事で、想像よりも狭く厳しい道でおどろきました。

また、その合否の中には、容姿も含まれているとの事で、普段何気なくみているバレエは仕草などの美しさだけでなく、細部までこだわられているんだと改めて凄さを実感することが出来ました。

バレエを踊ることの努力だけでなく体型管理などの努力も必要で、とても厳しい思いを裏ではしているのに、舞台に立つとそんなのを微塵も感じさせないほど美しく軽やかに踊る彼らの原動力は何なのか、若く遊びたいざかりの時期に厳しいレッスンができる彼らの、美しいだけではないバレエの世界を余すことなく見れるという点がとても楽しみです。
 

「ワガノワ・バレエ・アカデミー」

「ワガノワ・バレエ・アカデミー」バレエに詳しくなくても、なんとなく耳にしたことがある名前です。夢に一途な若者たちの美しいドキュメンタリーは必見ではないでしょうか。あくまで自然に撮る事にこだわったって所も、このドキュメンタリーの制作者同様、物事を斜めから見がちな私は共感してしまいました。

感動を誘発させるよう作ってるようなドキュメンタリーは苦手なので。校長の「バレエは人に見られる職業なんだから、こんなカメラでナーバスになるようじゃだめだ」「芸術の邪魔にならないんだったらいいよ」という言葉が素晴らしいと思いました。

本物です。

本物はシンプルなんですよね。

密着される4人の生徒が、仲が良いというのも更に見たくなるポイントです。

漫画やドラマのようなピリピリしたライバル争いがないだなんてホッとさせられます。

「僕は踊れるだけで満足だから」バレエを、それもこの世界屈指の最高峰の場所で続けていくには、身体だけでなく精神的にも追い込んでいかないといけないだろうに、こんな謙虚な言葉が出てくるだなんて大感動です。ただただバレエが大好きで、一緒にバレエをしている仲間をただ認めてるんでしょうね。

やっぱり、一生懸命に一途に何かに取り組んでいる人はシンプルなんですね。

もちろん、バレエを踊っている彼らの美しい姿もたくさんみれるでしょうし、姿形そのものが芸術っていう超ストイックな世界に挑んでいく4人の青春の日々は見逃せません。美しく華麗なロシアバレエの舞台裏を垣間見れることで、ロシアバレエの神髄に少しだけ触れることが出来そうで楽しみです。

ハイレベルだと思う

「バレエの王子になる」という番組名を見て、日本人男性がバレエダンサーを目指して頑張る姿を密着取材するのかと思ってしまいました。あらすじを見ると海外の男性なんですね。私の勝手なイメージですが、日本人でバレエと言ったら女性がメインで男性は希少価値。

ほとんどいないイメージでした。でもバレエが盛んな国、例えばロシアとか海外なら男性のダンサーは当たり前にいるのだろうと思っていたんです。

ところが、海外でも男性ダンサーは希少価値なんですね。

安直に考えると、成り手が少ないのだから「やります」と言えばすぐになれて重宝されそうに思うのですが、そんな簡単なことではないのでしょう。

成り手が少ない上に、ある一定レベル以上の技術を持っていなければ王子役には抜擢されないとなれば、王子は選ばれし者だけに許された役ということになります。

今回四人の男性ダンサーが王子役を目指して練習に励みます。バレエのダンサーは線が細いイメージなんですが、男性ダンサーとなれば女性ダンサーをリフトしたりと体力勝負なところがありますよね。美形で線が細いけれど、筋肉はしっかりしているなんてウットリしてしまいますね。

やはり王子様役を目指す方々です。目の保養をしながらバレエの世界の勉強が出来るなんて幸せです。
バレエの王子になる/動画/9月7日無料視聴youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】/tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません
下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

バレエの王子になる!NHK動画