TVバラエティ倉庫

全プリキュア大選挙 動画 9月14日/見逃し配信nhk第1部/第2部/無料視聴再放送!みんなの意見

全プリキュア大選挙 動画 9月14日/見逃し配信nhk第1部/第2部/無料視聴再放送!みんなの意見

 

2019年9月14日21時からBSプレミアムで『全プリキュア大選挙 動画 9月14日/』が放送されます

当記事では、全プリキュア大選挙無料視聴 動画 9月14日NHKやみんなの意見をまとめた記事です。

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全プリキュア大選挙 動画 9月14日/見逃し配信nhk第1部/第2部/無料視聴

全プリキュア大選挙/2019年9月21日動画 /あらすじ

 

プリキュアについてNHKでも大人気シリーズの大投票です

皆さんが一番に選ぶのは誰でしょうか?

 

第1部第2部放送日内容

女の子に大人気のアニメ「プリキュア」シリーズ。プリキュアや歌の人気投票には60万を超える投票が!果たして1位に輝いたのは?声優による生アフレコ、歌のライブも!.

番組内容

2004年の「ふたりはプリキュア」が「変身して戦う」女の子を主人公に大ヒットして以来、現在まで16シリーズが放送されてきたアニメ「プリキュア」シリーズ。作品、プリキュア、キャラクター、歌4ジャンルの人気投票には60万を超える投票が寄せられた。注目のランキング発表、これまでで最多6人の声優による名セリフの生アフレコ、さらに思い出のあの曲生ライブなど、プリキュアの魅力満載の3時間半生放送!

出演者

司会
西川貴教,庭木櫻子,
ゲスト
原西孝幸,カズレーザー,大堀恵,相馬圭祐,地頭江音々,本名陽子,ゆかな,三瓶由布子,水沢史絵,福島潤,成瀬瑛美,

全プリキュア大選挙 動画 9月14日視聴者の評価

NHKではもはや定番の「大投票」企画ですが、これまで「ガンダム」や「マクロス」などが特集されてきました。

そして、今回はまさかの「プリキュア」とはびっくりしました。

民放で現在進行形ですから、NHK恐るべし…

確かに「プリキュアシリーズ」はそれまでの女の子向けアニメの概念を打ち壊してきた感じがします。

第一作目は正に革新的で、ドラゴンボールなどを手掛けたスタッフが、本家さながらのバトルアクションを思い切って導入しています。

「セーラームーン」なども悪と戦うコンセプトは同じでも、女の子であることを前提としているので無茶はさせられない。

しかし、当時のスタッフ陣はそこに疑問を感じ、「女の子だって男の子みたいに暴れたいんじゃないのか?やんちゃしたいんじゃないのか?」という自問自答や意見を集め、実現したと言われています。

ある種、賭けのようなものだったと当時を振り返る方もおられますが、見事に視聴者のハートを掴み、今日に至るというのは感慨深く思えます。男の子から見ても、本格的なアクションによるバトルシーンはインパクトがあり、現在は性別問わず、ファンが溢れています。

ファン歴が長い方、また浅い方たちが「どのようなシーンに惹かれたのか?キャラクターに惹かれたのか?」そういった見どころは多いと思います。個人的に思い入れにある作品たちが世間ではどのような評価をされているのか、楽しみな点ではあります。

「世界のファンはどういった反応をするのか?男女比はどれくらいか?」今から本番に期待したいと思います。

ファンにはたまらない

「全プリキュア大投票」では、プリキュアファンにとってはたまらない企画をやっており、いろいろなジャンルごとの投票を行い、1位を決めることになります。

今までの歴代の作品の中からそれぞれジャンルを分けて投票をしてもらうのですが、プリキュアの作品自体やキャラクター、曲などに分けてランキングを発表します。

全国のプリキュアファンの投票で決まるという意味では、全国のプリキュアファンが結集して作り上げる番組ということが言えます。

そういった状況を知ると、全国のプリキュアファンがより参加したくなるのではないか?と思うのです。また、プリキュアにそこまで詳しくないという人でも、アニメがある程度好きな人であればプリキュアという作品に興味を持つきっかけになるかもしれないです。

キャラクターなどを中心に魅力的な部分が多い作品でありますから、この番組を観ることでそういったところがより伝わりやすいのではないか?と思うのです。

したがって、プリキュアという作品の名前は知っているけど、内容は詳しく知らないという人などについても非常におすすめですし、実際に視聴することでプリキュアを観たくなる、そんな可能性を持っているところも見どころになると思います。

12年間の長い歴史

「全プリキュア投票」の面白そうな点はなんといってもこれまでの全てのプリキュア達に投票が出来ることでしょう。

プリキュアの歴史は長いので、人それぞれ好きな作品や思い入れのあるキャラクターが違うと思います。

同じ番組内でも個性豊かなプリキュアが達がいるので、同じ作品が好きな人同士でも、好きなキャラクターは違うということもあると思います。

どの作品、どのキャラクターが一位になるのか全く予想がつきません。私が投票したい作品は「Yes!プリキュア5」です。

タイトル通り5人の女の子達がプリキュアに変身します。全員性格も外見も違う個性的な女の子達が協力して戦うのが魅力的です。

その中でも私が好きなのはキュアレモネード春日野うららです。キュートなルックスが愛らしいキャラクターです。

ぜひ上位にランクインして欲しいです。もうひとつ全プリキュア大投票で楽しみなのは、プリキュアだけではなくサブキャラクターの投票も行われることです。

しかもテレビだけではなく映画の登場キャラクターにも投票が出来るのです。一回限りのゲストキャラクターでも魅力的なキャラクターがいるのがプリキュアです。

サブキャラクターの投票も盛り上がるど思います。そして曲にも投票出来るのも嬉しいですね。プリキュアには魅力的な楽曲が沢山あるので、どの楽曲が選ばれるのかもとても楽しみです。

放送当初は

2004年に「ふたりはプリキュア」が「変身して戦う」女の子たちを主人公に大ヒットして以来16シリーズが放映されています。

私は最初のシリーズは見ておりました。

日曜AM8:30という定番番組となっていたからです。

この時は2人でしたが、徐々にメンバーが3,4人と増えていましたね。

女性系漫画といえばセーラームーンでした。あれは5シリーズで惑星の数だけメンバーが増えましたが登場人物は固定でしたね。

セーラームーンがあったからそこ少女ヒーロー系が流行ったのではないかと思います。

今回の投票は作品、プリキュア、キャラクター、歌、4つのカテゴリーから投票できます!

はっきりいって何に投票するか、かなり迷いますね。慎重に選ぶか直感で投票するか、個人の自由ですがぜひ参加してほしいと思います。

私が投票するとしたら「水系」のプリキュア系が好みなのでそちら方面になると思います。

ただ知らないシリーズもあるため、こんなこいったっけ?もしくは昔すぎるシリーズでしたら、ああこんなキャラクターいたわ、って思い出にふけながらすることになるでしょう。皆様もぜひ投票に参加してください。

全プリキュア大投票 動画 9月14日無料視聴Dailymotion

少し前まではレンタル店で借りていたものが、今やインターネットを通じて映画やドラマを視聴することが当たり前になっていると思います。

その変化に疑問を抱くことがなくなってきた中で、様々な「動画」をインターネットを通じて見ることに抵抗感がなく、躊躇なくクリックできます。

それを見る側としては、その時に違法か違法でないかが頭に浮かぶことはほとんどないのではないかと思います。

私が違法動画として最初に浮かんだものは、映画でした。

「新作品の予告で見たい気持ちを高ぶらされ、早く見るためには映画館で料金を支払って観賞するしかなかったものが、公開と同時かそれよりも前に自宅でクリック一つで見れてしまう」常識で考えればあり得ないことであるとわかるはずなのに、当たりに見てしまう人が溢れています。

映画館で映画を観る前に必ずといっていいほど見る盗撮禁止を呼び掛けるCMは、多くの人が思い浮かべることができると思います。

逆に見過ぎてそのCMの意味を考えることがなくなってしまったのではないでしょうか。

皆が様々な情報を溢れるほど簡単に得ることができるようになり、そのもの意味を自分で考えることがなくなっていることが問題だと思います。

全プリキュア大選挙 動画 9月14日無料視聴pandora/
youtube

・まずは完全に著作権を無視した法律違反であるということが第一に挙げられます。

・正規読者が課金、あるいは書店等で購入して作品を読む権利を購入しているのに、無料で読むということは、権利侵害であるということは当然ながら、もし不当サイトで好きな作品を読んでいるのだとしたら、好きな作品を生み出している作家に対して、本来は発生すべき報酬を搾取していることになります。

それで連載媒体雑誌やコミックの売り上げが下がったら、その作品の打ち切りリスクも高くなり、好きな作品なはずなのに作者や正規読者にフリーライドのみならず搾取してダメにしてしまう危険性もあるということを認識すべきです。

・社会的な悪影響としては、コンテンツには対価がある、という当たり前の認識が崩れていく価値観の崩壊が一番大きいと思います。

社会の中で生きている自分というのは、決して社会とは無関係な存在ではないのですが、自分さえ良ければ、自分だけなら、見えないなら、とルールを破ることが横行すると、回り回って自分が提供するサービスも不当に買い叩かれたりする危険性が高まることも無視はできません。

・またコンテンツ維持には膨大なお金がかかります。

例えば日本映画とハリウッド映画では低予算と言われる金額の規模感が全然違います。

もちろんマーケットサイズの違いも大きいですが、VODなどのサブスクリプションサービスで課金をしっかりするインフラができていることも言われています。現に日本のアニメ作家やアニメ製作会社がvodの制作で優れたアニメ作品を生み出したりもしています。

とにかくコンテンツへの敬意と対価をしっかり払うことを当然としないと、産業が衰退していくと思います。

全プリキュア大選挙 動画 9月14日無料視聴NHK/youtube 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー)などでみれないときは

下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

全プリキュア大選挙 動画 9月14日無料視聴NHK