TVバラエティ倉庫

青春舞台 2019 見逃し配信/再放送 9月7日無料!視聴評価まとめ/NHK/Eテレ

青春舞台2019 見逃し配信/再放送 9月7日無料!視聴評価まとめ/NHK/Eテレ

 
ということで記事をお伝えします。

2019年9月7日21時からEテレで『青春舞台2019』が放送されます

 

当記事では、青春舞台2019の無料見逃し配信/再放送視聴できるサイトの紹介や
視聴者の評価などをまとめた記事です。

 

青春舞台2019年9月7日見逃し配信/再放送/番組内容

 

高校生が演劇日本一をめざして熱戦を繰り広げる全国高等学校演劇大会を紹介する青春ドキュメント。

7月に鳥栖市でおこなわれた本大会のハイライトを中心に、演劇に青春をかけた高校生たちの熱い戦いに、高校演劇部出身の女優・松本穂香が迫る。

屋久島の原生林伐採に心を痛め、故郷の自然を守ろうと立ち上がった青年教師の「実話」に基づいた創作劇に挑む屋久島高校演劇部にも密着。

晴れ舞台で、見事、最優秀賞に輝いた高校は?

 
「第65回全国高等学校演劇大会」では、演劇の分野における高校ナンバーワンを決める大会となっています。

演劇部などがある高校も割と多いと思いますけど、こういった部分に青春をかけているケースというのもあるわけです。

全国2000校の頂点が決まるという大会なので、全国の高校生がこの大会に向けて練習をしてきているということになります。

スポーツではないので地味に感じる面もあるかもしれませんが、それこそ甲子園を目指している高校球児と熱意は変わらないものがあるでしょう。

プロ野球選手を目指して頑張っている高校球児のように、将来は役者を目指している高校生らが頑張っている姿を目の当たりにすることになるのではないか?と思います。

そして、特定の高校の演劇部に実際に密着をするようなので、高校の演劇部が普段どんな活動をしているのか?などを知るきっかけになると思いますし、演劇部に縁がないという人にとって、彼らの日常を詳しく知ることができると思います。

そこまでスポットが当たりづらい部活動かもしれませんけど、こういった大会に向けて頑張っているというのは他の部活と変わらないでしょうから、演劇に青春を燃やす人たちの奮闘ぶりが注目と言える番組なのです。

青春舞台2019 キャスト

 

松本穂香,栃木県立小山城南高等学校,大谷高等学校,島根県立横田高等学校,鹿児島県立屋久島高等学校,佐賀県立佐賀東高等学校,帯広北高等学校,福島県立ふたば未来学園高等学校,逗子開成高等学校ほか

 

青春舞台2019 見逃し配信/再放送 9月5日のみんなの感想まとめ

 

鹿児島県立屋久島高校演劇部の創作劇「ジョン・デンバーへの手紙」

まずタイトルにはっと目をひかれました。

ジョン・デンバーと言えば「カントリー・ロード」などの大ヒット曲で有名な1970年代の代表的なアメリカのフォークソング歌手です。

そのジョン・デンバーに手紙を書く?今の高校生が半世紀も前に流行った海の向こうの歌手(しかも22年前に他界している)に手紙を書くという発想をする?

一瞬の間に、色んな「?」と興味がワーッと沸き起こり、一体どんな作品なのかどうしても知りたくなりました。

そこで調べてみると、この作品はかつて屋久島で続いた大伐採を告発した「屋久島からの報告」(1978年製作・上映)という記録映画の製作秘話を描いたものだということがわかりました。

その当時、屋久島高校の理科助手であり、国の原生林伐採の反対運動をしていた大山勇作さんが「皆伐の惨状を全国に伝え、伐採を止めたい」という思いで製作されたのだとか。

そしてその中で、大山さんが環境問題に取り組んでいた歌手のジョン・デンバーに直接手紙を書いて島の窮状を伝えたところ、なんと彼の曲を無償で使うことを了承してくれたのだそうです。「ジョン・デンバーへの手紙」というのはそういうことだったんですね。

脚本を書かれた屋久島高校演劇部顧問の上田美和先生のコラム「『ジョン・デンバーへの手紙』屋久島高校演劇部全国大会までの道のり」を拝読しましたが、感銘を受けました。

9月7日の放送、とても楽しみにしています。

学校にある演劇部

私が通っていた高校にも演劇部が存在し、このような全国大会などに出場はしていなかったものの、観るものを魅了する演劇を披露していました。なので、全国大会レベルとなるとその演技力等は相当なものかと思います。

また、私自身が文化祭で劇をした際に、衣装や舞台道具をつくり舞台上にセットをする大変さ、演技のレベル、演出の仕方、音楽のタイミング、照明の当て方など、難しい点が多くあった為に演劇部として観客の前に立ち、劇を披露する人達はすごいなあと高校生ながらに感じていたのを思い出します。

私も今回までこのような大会があることは知りませんでしたが、かの有名な高校野球同様、密着取材をすることで、この大会に出場する高校生たちの汗や涙を流しながらも切磋琢磨する感動的な姿を見ることが出来るのではないかと期待しています。

そして最も楽しみな点は、やはり高校生達がどのようなストーリー、演出を考えて披露するかです。

大人にはない柔軟性を持った高校生だからこそできる演出があるのではないかと思います。

65回もの歴史がある演劇大会でどのように高校生達が演技を披露するのか、演技のレベルはどれほどなのか、またどの高校が栄冠を手にするのかがとても気になります。

まとめ

特に鹿児島県立屋久島高等学校演劇部の奮闘に迫るようですね。

ナビゲーターが、高校時代に演劇部に所属していた女優・松本穂香さんであるのも良いですね!昔に演劇部にいたことがあるのなら、きっとナビゲーターをしていても他の人よりも熱量が高いコメントが聞けそうですね。

屋久島高校の演劇部は、実話に基づいた創作劇をするようでとても面白そうです。

屋久島の原生林伐採に心を痛めた教師が、故郷の自然を守ろうと立ち上がった実話が基になっているようですが、最後の締めはどんな展開になっているのかが気になりますね!

演劇部の顧問による指導はあるものの、やはりメインは高校生の子供たち!彼らが自分達の青春という時間を使って、劇というものにすべてをかける瞬間を見られるのはとても感慨深いように思います!

すべてを出しきった高校生たちのなかで、演劇の頂点をとれるのは一体どの高校なのか?分かるのを楽しみにしています!

松本穂香さん

今回はそんな全国高等学校演劇大会に同じく高校演劇部出身である女優の松本穂香さんが密着します。

全国高等学校演劇大会は今年の7月に鳥栖市で行われました。若い世代の白熱した演技の応酬を楽しみにしています。

また、この青春舞台2019では、鹿児島県立屋久島高等学校の奮闘にも迫ります。鹿児島県立屋久島高等学校は屋久島の原生林伐採に心を痛めた青年教師が、故郷の自然を守ろうと立ち上がる実話を基にした創作劇を演じます。

屋久島高等学校はどのような演技を魅せるのか楽しみです。

また大会のハイライトを中心に放送されるようなので、演劇に青春をかけた高校生たちの熱い戦いも必見です。

この中から未来の大スターが生まれるかもしれないです。

大会のハイライト

大会のハイライトはもちろん楽しみなのですが、女優の松本穂香さんが密着取材した、鹿児島県立屋久島高等学校演劇部のドキュメンタリー部分がとても楽しみです。

同校演劇部が九州大会で最優秀賞を受賞したのは「ジョン・デンバーへの手紙」という舞台作品で、屋久島の原生林伐採をテーマにしたもので、全国大会に出場するのは今回が初めてだそうです。

原生林伐採の告発する記録映画の製作に奮闘した教師と生徒の実話をもとにしたもので、演じる高校生たちも身近なテーマであり気持ちも入りやすいのだと思います。

そんな、自分たちの住む地域の歴史に基づいた舞台作品を演じる若者たちには、演技の実際的な技術もそうですし、それ以上にきっと気持ちの面でも、喜びや苦悩や葛藤など、様々なドラマや乗り越えるべき壁があったのではないかと想像できます。

屋久島が世界遺産になるまでを描いた作品が、全国大会でどう表現されていくのか、どんな風に観衆に感動を与え、カタルシスを与えるのか、ハイライトが気になるところです。

もちろん、全国大会には何度か出た経験のある学校の生徒たちもいるでしょうし、全国から集った猛者たちの活躍や学校ごとの特色ある舞台なども見どころなのではと思っています。

高校生が演劇日本一を目指して熱戦を繰り広げる全国高等学校演劇大会は興味があります。

自分の知り合いでプロ野球の試合は見ないが高校野球は見るという人がいます。

高校生のお金貰ってない状況での一生懸命さが良いと言う理由なんですがこの演劇の大会も高校生が必死に頑張って演技してるのを見たいなという気持ちになってしまいました。

屋久島の原生林伐採に心を痛め故郷の自然を守ろうとした青年教師の実話をもとにした創作劇をする鹿児島県立屋久島高等学校演劇部に密着とありますがたのしみですね。

わからないことだらけなんでどんなふうに練習するのか、どういう指導を受けたりするのか流れがまずわからないんで気になります。

ナビゲーターは松本穂香でこの人も高校演劇部出身らしいんでそういう人をナビゲーターにするのは正解と思います。

分からない人間が行っても失礼なだけなパターンを多々見てきたし経験者のほうが間違いないですね。色々知らないことが多いんでわかりたいですね見て。

青春舞台2019 見逃し配信/再放送 9月5日無料視聴youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)などではみれませんでした