TVバラエティ倉庫

こわでん NHK 再放送/見逃し配信/無料視聴 9月7日2019年nhkまとめ

こわでん NHK再放送/見逃し配信/無料視聴 9月7日2019年nhkまとめ

 

こわでんnhkの2019年9月7日の再放送/見逃し配信配信についてと視聴者評価のついて書きます
 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 


 

こわでん /2019年9月7日番組内容

 

「日本は伝説の驚くほど多い国」(柳田國男)。中でも怖い伝説はそこに込められた教えとともに全国各地に残っている。今回は富山県の「舌を抜かれた十六番目の男」(原題:十六人谷)、福井県の「崖から突き落とす女」(原題:飯降山)、長野県の「人柱はお前だ」(原題:雉も鳴かずば)、石川県の「この子をあの世へ」(原題:おぎんとこぎん)の4話を再現ドラマ化。旅人が現地を訪ね、怖い伝説とその教えをかみしめる。

 

こわでん キャスト

 

リポーター
遼河はるひ,レッド吉田,金子貴俊,小野賢章,
出演
谷田部俊,福田彩乃,高橋健介,新谷あやか,伊藤優衣,石神澪,
語り
宮島史年,
朗読
渡邊あゆみ

 

視聴者の評価

 

みどころ

タイトルを見た時には、NHKがオカルト番組をやるのか、と驚きましたが、「ダークサイドミステリー」と同じように、怖い話の裏側を探るという番組のようです。

そもそも怪談の裏には江戸時代の幕府批判が含まれていたりするし、元祖日本オカルト本ともいえる日本霊異記は仏教的な教訓で成り立っています。

子どもの頃に祖母に聞かされたような話も、結局は知らない人についていってはダメとか、知らないところに入り込んではダメとか、子どもが知っておくべき教訓が怖さというファクターを通すことで、より強く理解させる効果があります。番組で取り上げるのはそれぞれ富山、福井、長野、石川に伝わる伝説です。

いずれも古い信仰が残り険しい自然が多い地域なのはたまたまなのでしょうかね?ディレクター談話によれば再現ドラマというより短編ドラマのように仕上げたそうなので、映像作品としても楽しめそうです。各編にはレポーターがいるようですが、そのひとり声優の小野賢章さんにも注目です。

「黒子のバスケ」の黒子テツヤ、「文豪ストレイドッグス」の芥川龍之介、「ジョジョの奇妙な冒険黄金の風」のジョルノ・ジョバーナーとアニメファンなら知らない人はいない声優さんです。

どんなレポーターぶりを見せてくれるのか楽しみです。夏の終わりにちょっと涼しい気分になりながら、昔の人が残した教訓を知るのもいいのではないでしょうか。

みどころ

日本全国、津々浦々には、その地域ならではの怖い言い伝えの様な話があり、その地域ならではの怖い話を聞くことは、とても興味深いものがありワクワクしてきます。

その一話目が、富山県の黒部峡谷から、「舌を抜かれた十六人の男たち」とタイトルからしても地獄のエンマ大王を連想させる、何か不気味な恐怖心をあおられる感じです。

その16人は、どの様な悪行をしてしまったのか?まだ見ぬ映像に恐怖心が駆り立てられます。また、山々に囲まれた日本が誇る黒部峡谷の雄大な大自然も満喫できるので楽しみです。

次に福井県の飯降山からの発信「崖から突き落とす女」は、村の共有財産を一人占めにする事に対する戒めを教訓に描かれた。と解説されていましたが、崖から人を突き落とす時の女の形相は、さぞ恐ろしいであろうと想像するだけで恐怖心が高まってきます。

また、長野市の「人柱伝説」のタイトルもリアルで生きた生身の人間を柱にするなんてと絶句してしまいます。何故、柱になってしまったのか、いきさつに興味がそそられます。

石川県の金沢市からは、「鬼母と姉妹」は、どの様な鬼母が登場するのかと想像するだけで、ゾクゾクしてきます。どのタイトルも聞くだけでドキドキする様なネーミングに興味を引き付けられます。

どの地にも昔から伝わってきたこの様な話の裏には教訓がある。といわれていますが、この様な恐怖心で煽られたら効き目があることでしょう!

まとめ

昔から伝わるその土地で起こった怪奇は、真実なのでしょうか?何も無いところから、そんな事は起きないので真実もあり、後から付け加えた可能性があります。

伝説になるのは、真実か真実でないか?を判断するのは自由なので、妄想は膨らみます。

地名になっている住所は、当時災害が起きたり事件が、起きたりしてから付いたと言われています。

その当時の人は、この世にはもういないので、真実は聞けません。

今でこそ、平和に暮らせるよになりましたが、当時は生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていたと思います。

この世に未練を残して去っていった人間は、亡霊として現れたりします。

成仏してやると二度と出てこないので、どこかで行動を起こさないといけません。

怖い話は聞きたいですが、余韻が残ってしまい聞くんじゃなかったと後悔する時もあります。

今だ語り継がれる怖い話は、伝説になって来世に残ります。地名から調べると、真実が見えてくるかもしれません。

豪華4本立てでお送りする、こわでんは、真夏に寒い思いをすることになります。

身の毛もよだつ怖い話は、凄く興味がありますが、伝説であって欲しい一面もあります。本当に怖いのは、生きてる人間だと思うからです。

総括

「こわでん「真夏の夜はゾクゾクしたい!日本各地に伝わるこわでんとその教え」」では、日本各地に伝わる怖い話を伝えていく番組です。

怖い話、ドッキリしたいような話が好きな人にとっては面白いと感じやすい番組だと思いますけど、この番組は怖い話をすることがメインではありません。

そういった怖い話を通じて、何かしらの人生の教訓を得るということがテーマとなっています。

世の中に存在する怖い話というのは作り話も多いですけど、何かしらの意図があって作っているわけです。例えば、雪女の話というのは雪が降っているときは外は危ないから子供たちが外出しないようにという意図があったとされていますし、何かしらの教訓が含まれているはずなのです。

したがって、日本の各地に伝わる怖い話ができた根底の部分には、私たちが知っておくべき教訓が含まれており、それを知ることで人生が変わる可能性もあると思うのです。

怖い話を聞くことができるという魅力もあるでしょうけど、それとは違った魅力も同時に感じることができるはずなので、そういった部分で楽しみな番組です。

人生に役立つ何かが得られる、そんなタメになる情報が含まれた番組と評価できるのではないか?と思います。

こわでんnhk再放送/見逃し配信youtube

今回は違法動画について語ります、リーチサイトですが、規制すべしと一般的に思うかもしれませんが。

実は今国会で違法ダウンロード規制法案を提出する準備をしていました、その中にリーチサイトへの規制も厳しくなるはずでしたが…提出見送りとなりました、

何があったんだ!?ということで解説をしていきます。

文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会では小委員会は、2019年1月25日の時点でいったん議論を打ち切り、書籍やマンガ、論文などの著作物全般にダウンロード違法化の対象を広げる内容を盛り込んだ報告書の取りまとめをはかっている。

しかし、著作権法の研究者らから「個人のインターネットにおける活動の自由を不必要に制約する」といった声が上がったためまとまらず、小委員会終了後に個別に意見集約を図る異例の展開となった。

違法ダウンロード規制拡大をめぐっては、日本漫画家協会や日本建築学会などクリエイター団体や法律の専門家などから反対意見が出ていた模様で、自民党としては参議院選挙が近かった影響もあり法案見送りをしたのでしょう。

違法動画は様々な分野に及ぶのですが、分野ごとに規制をしてほしい温度差がちがうようにみえてきます。

日本漫画家協会が反対したとなれば、実害は受けているが自分達の団体からすれば不利益のことが多分に大きいと判断したのでしょう。その影響については専門家でないと分りませんが、いずれにしろ基準があいまいなまま年を越すことになりそうです。

こわでんnhk再放送/見逃し配信【dailymotion】

今回は違法動画について語りたいと思います。タイトルコールに「リーチサイト」とでましたね。今回はリーチサイトを巡る動きについて。

リーチサイトとはリーチサイトインターネット上にある違法コンテンツに利用者を誘導するためのリンク(URL)を集めて掲載するサイト。違法コンテンツには、著作権者の許可なくアップロードされたマンガ、書籍、音楽、アニメ、映画などが含まれます。そのリーチサイト運営者ですが、2019年1月17日、大阪地裁は、海賊版サイト「はるか夢の址(あと)」の運営者など3名に対し、それぞれ懲役3年6か月、3年、2年4か月の実刑判決を出した。「はるか夢の址」はいわゆるリーチサイトである。

違法動画を投稿したわけではありませんが、導いただけで実刑判決がでてしまいました。

そのサイトを簡単にご説明すると、「はるか夢の址」は巧妙な手段を確立して新作(より正確には、新作にたどりつけるリンク)が多数掲載され、最盛期には月間訪問者数が1200万人規模とも言われる大型海賊版サイトに育った。とのことです。

そしてマスコミはこの判決を伝えた新聞記事をみると、対象行為を正確に伝えない報道が目立ったようです。

最近はN国やれいわ新撰組の人たちがマスコミは一部の発言しか報じない、横並びの報道、電通のいいなりとかマスゴミ主張をしておりますが、似通った報道になればそういう非難もなるでしょう。

今回の実刑判決はおそらく超有名なリーチサイトであったために摘発されてしまったのでしょうが、これはごく一部と考えられます。リーチサイトはアダルトサイトですとたくさんありすぎます、やはり徹底的につぶさないと違法動画は減らないと思う。

こわでんnhk再放送/見逃し配信9月7日2019年 youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれないときは

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

こわでん 再放送/見逃し配信無料視聴 9月7日2019年