TVバラエティ倉庫

俳句甲子園 2019 動画 9月7日 無料視聴/桜井日奈子まとめNHK/Eテレ

俳句甲子園2019動画9月7日無料視聴桜井日奈子まとめNHK/Eテレ

 
ということで記事をお伝えします。

NHKで俳句甲子園2019の無料動画視聴(2019年9月7日)が可能なサイトおよびみんなの感想をまとめた記事です。

 
下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

俳句甲子園2019動画無料視聴
 

俳句甲子園2019年9月7日動画/番組内容

 

番組内容

全国の高校生たちがわずか17音の言葉に魂を込め競い合う「俳句甲子園」。毎年8月に愛媛県松山市で開かれる同大会に今年提出されたのは計1280句。その1句1句が、詠み手の若きまなざしと想(おも)いの結晶だ。番組では地元の愛媛県立松山東高等学校ほか、俳句にかける10代の熱い夏に密着する。またEテレ『沼にハマってきいてみた』とコラボし俳句の魅力をPR。同番組МCで女優の桜井日奈子さんがナレーションを担当。

 

俳句甲子園2019 / キャスト

 

桜井日奈子

 

みんなの感想

 

若い子に俳句を嗜む

私は俳句甲子園と聞いてはじめに、若い子たちはあまり俳句を詠むイメージがなかったので年代や世代などによって詠まれる俳句はどのように違いがでるのかなということをたのしみに思いました。

俳句はどのようなイメージをもって詠むかによって言葉選びなどに差が出てきて、それによって思い浮かべる情景なども大きく変わってくると思いますのでその点が年代や世代、性別などでの違いを楽しみに思いました。

それに同大会に応募された作品数が1280句ととても多いのでこの中でたくさんの人の心動かす俳句とはいったいどんな俳句なのかとても気になりますし、わくわくします。

そして同大会のキャッチコピーである世界と自分を繋ぐため、コンプレックスを個性に変えるためという言葉は自分のありのままの気持ちを表しづらい現代においては、17音で誰も表現できなかった世界観をという言葉の通り率直で素直な気持ちをさらけ出してこのような考え、とらえ方があるんだと発信できる感じがしてとても良いと思いました。

以上のことから私は同大会が世代や年代、性別を問わずに多種多様な表現や意見がたくさん見られるとてもいい機会になりそうということをふまえてとても楽しみだと思いました。

みどころ

全国の高校生が17の音に言葉と魂を込めて競い合い、それぞれの思いを詠む所が面白そうだなと思いました。

限られた文字数に、自分の思いを込めることは難しいと思うし、意味が通る文章を作るのは大変だと思います。

自分だけが理解できる文章ではダメだし、相手に伝わらなければ意味がないと思うので、十代の高校生がどのような奥深い文章を作って詠み上げていくのか楽しみです。

俳句の世界は奥が深いので、その奥深さを表現することが出来るか出来ないかで違ってくると思うし、大勢いるライバルの中で、より良いものを読み上げることが難しいと思います。

場の空気に飲まれず自分らしい言葉で伝えられ、詠みあげてくれるといいなと思います。

この日のために、たくさんのライバルたちと競い合ってこの舞台に立つことが出来ていると思うので、自分達が戦ってきた仲間達のために、17音を詠みあげて欲しいです。

心に残る文章が作り上げられる事も楽しみです。どんな思いを込めて文章を作り上げ、伝えてくるのか、その文章に込められる思いがどのくらい伝えられるのか、言葉の魂を響かせて私たちに今を伝えて欲しいです。今生きる若者達の言葉に耳を傾けて聞いてみたいと思います。
 

まとめ

 
毎年夏になるとテレビで高校球児による甲子園が注目を浴びますが、文化部にも夏がある事を伝えてくれるひとつにこちらの俳句甲子園があります。

限られた文字数のなかで「自分が自分であるために詠む」というのは、繊細かつ大変な作業かと思います。10代という青春真っ只中のこの頃は、恋がしたい、遊びたいなどとただただ楽しみたいという欲に素直な年代だと思うからです。

その中で机に向かい、そして自分と向き合うために文字を紡ぐというのは根気のいる事です。

それをあえて選び俳句に想いを馳せる熱意がとても楽しみであり、どんな俳句が登場するのかワクワクします。

わたしが番組を通してこの俳句甲子園の存在を知ったのはもう5年近く前になりますが、日本の文化のひとつである俳句を10代の若者によって盛り上げ、継承していく大会が令和になっても変わらずテレビで放送される事が感慨深くもあります。

東京オリンピック開催が来年に迫る今、改めて日本の良さを知るひとつのキッカケとしてもこの俳句甲子園を1人でも多くの方に見て頂けたらと思いました。

そして自分と向き合う彼らの姿を見て、わたし自身も自分を見つめ直すキッカケにし、素直な心と向上心を育む時間にできたら良いなと思います。

総括

「自分が自分であるために詠む~俳句甲子園2019~」が放送されるんですね。

俳句というと17音で詠み手の想いを閉じ込めるわけですが、なかなか難しいですよね。それを10代の学生たちが、こぞって俳句を詠み「俳句甲子園」に提出したんですね!

素晴らしいなぁと思います。

17の文字のなかに魂をこめて、他者と競いあう「俳句甲子園」!どんな俳句が寄せられたのか、とても気になりますね。若い世代だからこそ、詠めるものもあると思います。

みずみずしい感性で詠まれた俳句は、聞くものを魅了するように思いますし、昔の自分も思い出せるような気もしますね。地元の愛媛県立松山東高等学校ほか、俳句にかける10代の熱い夏を密着取材するようで楽しみですね。俳句を詠むようになったキッカケなども知られると嬉しいですね。

なかなか高校生で俳句を詠もうとはならないと思うので、どんな風にその世界に入り込んでいったのかわかるのを楽しみにしています。

意外と子供と一緒にこの番組を見たら、子供も興味を持ってくれるかも?なんて淡い期待もしています。

「俳句甲子園」に参加した、参加者の一人一人が持っている10代ならではの世界観に触れられるのを楽しみにしています!
 
俳句甲子園2019動画9月7日NHK 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)では見れません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

俳句甲子園2019動画無料視聴