ドラマ

盤上の向日葵 動画 1話ドラマ無料視聴Dailymotion/pandora/b9/フリドラ

盤上の向日葵 動画第1話ドラマ無料視聴NHK千葉雄大まとめ

ということで記事をお伝えします。

 

2019年9月8日22時からで『日曜日NHKプレミアムドラマ 盤上の向日葵(1)「諏訪の神童」』が放送されます

 

当記事では、盤上の向日葵(ひまわり)の1話ドラマ動画配信の無料視聴できるサイト及び盤上の向日葵の無料動画視聴インターネットサイトの紹介やみんなの感想などをまとめt記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盤上の向日葵/動画第1話
 

盤上の向日葵 /第1話2019年9月8日番組内容

 

将棋の奨励会を経ずプロになった異端の棋士・上条桂介(千葉雄大)は、タイトル6冠の壬生と竜昇戦の対局に挑む。同じ頃、所沢山中で白骨遺体が発見され、一緒に将棋の駒も埋められていた。

駒が江戸時代の名匠・初代菊水月の作で大変貴重だとわかり、刑事の石破(大友康平)は奨励会の経験をもつ佐野(蓮佛美沙子)と組み捜査する。

一方、上条は雑誌の取材を受ける中、恩師の唐沢(柄本明)に救ってもらった子供時代を思い出す。

 

盤上の向日葵 キャスト

 

千葉雄大,柄本明,竹中直人,蓮佛美沙子,大友康平,檀ふみ,渋川清彦

 

みんなの感想

 

白骨化した死体と一緒に出てきた名駒

まずはストーリーにとても惹かれます。

白骨化した死体と一緒に出てきた名駒と彗星のごとく現れた将棋界の異端児との関係がどのようになっていくのか。おそらく、異端児の過去と白骨化した死体の人物との関係がこの物語の骨格になっていくと思うのだが、それがどのように描かれるのか、それともこういった予想を裏切ってストーリーが展開していくのかがとても楽しみです。できれば、予想を裏切った展開になってくれると楽しみが倍増します。

あとは、キャストを見ても面白そうです。

千葉雄大さんがNHK初主演というところでも話題性があり面白そうですが、脇を固めるキャストもとても魅力的です。

特に、おそらくストーリーの重要な人物でなるであろう教師役の柄本明さんと伝説の真剣師役の竹中直人さんの二人がどちらも曲者役を演じさせたら天下一品の人達なので、その二人を見るだけでも絶対面白いと感じています。

それに、千葉さんがどう絡んでくるかを考えるだけでとても楽しいです。

また、脚本が黒岩勉さんというところも面白そうです。

「僕のやばい妻」など、現在日本のミステリー脚本家を代表される方がかかれるということで、おそらく原作にもないようなアイデアやドラマでしかできないような内容を入れてくるのではないかととても楽しみです。

盤上の向日葵 原作小説 感想/白骨死体の謎と将棋にかける人々

小説が最初に警察の目線から始まるので、主人公は警察なのかと思いました。奨励会にいてプロ棋士を目指した経験を持つ警察の佐野が。

けれどその警察が追っている、上条という一人の男に物語のスポットはあたっています。

現代で上条をおう佐野、上条の子供時代に関わりを持った唐沢という元教師、そして上条自信の目線から物語が綴られています。

発見された白骨死体。それが現代から過去が繋がっていって真実がみえてくる形で、すごく興味深く読み進めていけました。

この上条の子供時代が非常に切ないんですね。死んだ母の存在、父親からの虐待。

そこから上条少年とひょんな出会いをする唐沢先生の行動や感情に、そしてその奥さんには何度も泣きそうになりました。

みつかった白骨死体が誰なのか、なぜ死んだか、遺体にはなぜ何百万もするような将棋の駒がそこにあったのかという謎も。

500ページ以上ある小説を休まずに一気に読むというのは、自分にしては珍しい事。それだけひきこまれてしまったんです。

母親の存在もカギのひとつですね。

なぜ母は向日葵が好きだったのかという疑問を持っていた少年時代。

そしてどうしようもなくゴッホの向日葵に惹かれる上条青年。

それが分かる時も、また皮肉だったりもして。

とにかく父親がどうしようもないクズなんですよね。

もう本当に許せないんです。

でもまた父親の人生も振り返ってみると、なんとやるせなかっただろうと思う部分もあり、もしかしたら、心が壊れていなかったら?と複雑な部分もありました。

そこにきて唐沢先生という存在が本当に素晴らしい人柄なんですよね。

桂介も恩人と思っているし、先生がいなければ自分はどうなっていたかと頭によぎったりもあるんです。でも彼には彼の血が、運命があったんですかね。

将棋をめぐる話でもあるのですが、将棋のことは分からなくても、そこにかける思いとか、人間ドラマなどが力強く描かれていて惹き付けられます。

実際の将棋がモデルになってるところもあるため、将棋のことを知ってる人はより楽しくみられるともいえる気がします。

 

ストーリー

この『盤上の向日葵』は、奨励会を経ず実業界から転身して将棋のプロになった異端の棋士である主人公・上条桂介を、NHKの連ドラ初主演である千葉雄大さんが演じる本格ヒューマンストーリーです。

この上条桂介を千葉雄大さんがどのように演じるか最も興味深い点の一つです。

このドラマのストーリーには殺人事件が大きくかかわります。平成6年、白骨遺体が発見され、その遺体とともに初代・菊水月作の名駒が埋められていました。

そのため、捜査にかかわる刑事達はその所有者をたどることにします。この刑事の内の一人である佐野は将棋の道を諦め奨励会を退会して警察官になった人物です。

同じころ、上条桂介はタイトル6冠保持者の壬生芳樹との竜昇戦に挑んでいました。ドラマのストーリーに将棋がどのように関わるのかについても大きな見どころと言えるでしょう。

また、脇を固めるキャストにも注目です。

子供のころの上条を支える人物である唐沢を演じるのは高い演技力に定評のある柄本明さんです。

また、「鬼殺し」の異名をとる伝説の真剣師をやはり個性的な演技に高い定評のある竹中直人さんが演じます。

この実力派の二人が演じるキャラクターが上条の人生にどのように関わるのか注目したいところです。

まとめ

 

千葉雄大さんが初連続ドラマ

千葉雄大さんがNHK連続ドラマに主演したことがないという事実に驚いています。

今回の「盤上の向日葵」が彼の連続ドラマ初主演作だとか。

しかも人気小説のドラマ化で、出演する俳優陣も有名揃い。これだけでも、見ごたえありそうに思いますよね。期待してしまいます。

将棋の世界を舞台に、殺人事件を追う元奨励会に入っていた女性刑事と天才若手棋士。この若手棋士役を千葉雄大さんが演じるんですが、明るく可愛らしいイメージの強い彼が、複雑な生い立ちを持ち影のある主人公をどんな風に演じていくのかにも注目したいです。

将棋の世界も、漫画の「3月のライオン」や藤井聡太七段の活躍などで将棋を知らない人にも認知されるようになってきました。羽生善治名人に「ひふみん」こと加藤一二三さん、女流棋士の竹俣紅さんなど、キャラクター性のある方も沢山いて、益々将棋界は発展していきそうです。

「3月のライオン」はアニメ化、映画化もされた人気作ですが、この作品の主人公も複雑な生い立ちで小さい頃から将棋の世界で生きています。勝負の世界は真剣勝負だから、主人公は影のあるタイプが多いのでしょうか。

確かにシリアスなストーリーに明るい主人公は合わないのかも知れませんが、そういう主人公が出てくるストーリーも見てみたいです。

2018年本屋大賞2位の同名原作

2018年本屋大賞2位の同名原作をドラマ化ということですが、原作を読んでいないので、どんなお話なのか知りません。なので、ストーリー展開が一番楽しみです。

本屋大賞2位なので、きっと面白いお話なのだと思います。

また、将棋の世界は興味もなく、あまりよく知らないので、将棋の世界の魅力や仕組みを知れたらうれしいです。

白骨化した死体と一緒に埋められていた将棋の駒があるだなんて、なんだかとても意味深です。

それが主人公にどう関係してくるのか、興味がわきました。

過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指した青年という設定なので、きっと主人公の過去に大きく関係しているのだと予想します。

警察が捜査をするようなので、きっと何かおおきな秘密や謎がかくされていそうな気がします。千葉雄大さんがNHK連ドラ初主演なので、フレッシュな演技を見せてくれるのを期待しています。

彼のコメントを読むとやはり何か伏線があるようなストーリーが展開されそうな予感がします。

主人公の過去となる昭和時代の風景や社会状況、環境などの映像も楽しみです。

貧困の日々からどうやって将棋の世界と出会ったのか、そして、どうやってのしあがっていくのかその人生ドラマを期待しています。

総評

盤上の向日葵、格好いいタイトルで食指が動きました。

あらすじも平成6年埼玉の山中から白骨遺体が発見される。

遺体と共に埋められていた初代・菊水月作の名駒の所有者を捜査することに。

あらすじ読む限りはかなり有名な将棋の駒が一緒に埋められていて持ち主を探すとありますがそれが犯人って訳でもないだろうし、どういう展開になっていくか楽しみですね

。その頃、奨励会を経ず実業界から転身してプロになったのは異端の棋士・上条桂介はタイトル6冠保持者の壬生芳樹との竜昇戦に挑んでいた。

とあらすじありますが白骨遺体と異端の棋士上条との関連性があるのか気になりますね。ありそうなパターンですがどう繋がるか予想は全くつかない状況です。

このドラマの出演で気になったのが大友康平ですね。

あまりドラマ出てないイメージしか無かったんですが調べたらそれなりに出てるようでした。

ドラマで見た記憶がないんでどんな演技するのか気になりますね。

普段の大友康平らしくというかハウンドドッグの大友康平でいくなら熱い刑事しか浮かばないです。この予想は当たる自信はあります。

将棋のドラマなんで元棋士の加藤一二三も将棋の専門家として出るようなんでどんな感じに演技してるのか楽しみです。

盤上の向日葵ドラマ動画1話フル千葉雄大さん

千葉雄大さん。デビュー当時は戦隊モノのヒーローでした。

なんからしくない可愛い子が選ばれたものだなと思っていたら、ゴセイレッドは天使の設定だったんですね。

なるほど、天使なら分かる。

それくらい昔の千葉雄大くんは愛らしかった。

見た目は女の子のように可愛くて(いや、そこいらの女の子よりずっと可愛くて)ちょっと舌足らずな甘い声も、華奢な体躯も、本当まんま天使みたいな男の子でした。

それがだんだん彼が変貌を遂げたのは自分が『可愛いこと』を自覚したあざとキャラでした。

かつて王子キャラを卒業しますと宣言して、いい俳優さんになったミッチーけと及川光博さんを思い出しました。

バラエティーで見せる素顔もけっこうやんちゃで毒舌。

可愛い外見はアラサーになっても変わらぬままですが、あざとさを出してきた彼の人間的な魅力は倍増したと思います。

役者さんとしてもそれで役の幅が広がったんじゃないでしょうか。

見た目通りの好青年、美青年はもちろん、ちょっとクセのある役やギャップのある悪役もむしろ今の千葉さんなら大歓迎ですよね。これからも役者さんとして、またタレントさんとして色んな顔が見てみたいです。

とにかくあざと可愛いキャラへの変貌は大成功だったと思います。

千葉雄大クンといえば、2010年放送の天装戦隊ゴセイジャーのアラタ(ゴセイレッド)役がデレビューでしたが、フレッシュな初々しい演技が可愛い顔で引き立っていましたね。

母性本能がくすぐられ、その頃からずっと応援しているママさんもいらっしゃるのではないでしょうか。甘いマスクの雄大クンですが、デビュー当時から仕事に対して真面目で、プロ意識を持っていたと共演者やスタッフからよく言われています。

仕事に厳しい姿勢で臨むので、若いイケメンのライバルが掃いて捨てるほどいる芸能界でも生き残れて、頭角を現しているのですね。

私が感心したのは、2015年12月に某・当時の超大物アイドルグループのコントに出演した時の演技です。アイドル達は俳優としてもドラマや映画に沢山起用されている演技達者。

雄大クンは彼らのうちの一人に遠回しにねちねちと苛められる役だったのですが、「何となく嫌われていることに気付いたものの、その場をうまくやり過ごすことに腐心する若い男の子」の演技がとても上手かった。

特に目の演技が最高で、何を言いたいか、心の中で何を思っているか、視聴者に完璧に伝えてくれていて、あまりの面白さに大笑いしました。このコントで雄大君の大ファンになりました。

その後も演技力を磨き続け、役者としての輝きがより増しています。

童顔ゆえ、実年齢より若い役が多いのですが、これからは冷徹な悪役、狂気をはらんだ役なども見てみたいですね。

Y新聞のインタビューで、昔祖母にねだって譲ってもらった匂い袋を大切にしていると語っていたのも萌えポイントです。

盤上の向日葵ドラマ動画1話youtube

  インターネットサイトにも共通の法を作っておけばよかったのです。

ない状態なので違法サイトが蔓延してしまいましたが、誘導ともいえますが視聴する為にはたどりつかないといけないのです。

非常に巧妙な手口になっていますので、分かりにくいですが見抜く方法は誘導の手口が多いサイトには最初から手を出さないことです。

基本1回の手順をしたら済む事で、すぐに視聴できます。

PCとスマホも同じ機能小さいPCを持っているのと同じです。

このキャリアが増える事に問題があります。

安易に違法サイトに手を出せる手段が増えただけです。

PCを使える人達なら、ある程度の事は知っています。

同じ機能を持つスマートフォンで高額な請求がきてしまう事例があります。

初心者が多いですが、TEL機能がついてるPCにかすぎないので、社会的悪影響の始まりは使う本人が増えすぎたので社会的問題にまで発展してしまいます。

PCも同じTEL機能を持っていますので、知っている人達に聞いておいた方がいいです

あまり意味も分からずに機能を使ってしまう初心者が多いのが実態にあります。

ここが狙い目でもありますから、インターネットの仕組みを理解して使用すれば悪影響は減ります。

ネットの世界は日本だけではありませんから、世界に繋がっています。

違法な国もあれば合法な国もあります。日本国内で違法なことはするべきではありませんから、違法行為であると認識がないところがあります。

インターネットを使っているお仕事の人達が現代多数います。

お仕事にも悪影響になります。

ルーターで飛ばすと何処まで飛ぶのか簡単に使っていますけど、違法サイトも飛んでいます。

飛ばす行為はお仕事している人達もよく使うことなので、仮に作ったサイトやアプリの共有の事を飛ばすといいます。あまりに違法行為が増えると出来なくなる可能性があります。

盤上の向日葵ドラマ1話フル動画無料 【dailymotion】 【pandora】

違法動画をとくに自分と関りがあった場合の時に、この動画を止めるにあたってどういう処置が出来るか?という事が問題だと思います。実は動画も財産権が存在します。

という事は、民事上裁判官がこの動画配信を止める命令を出さないとなりません。

刑事罰に問われる事は当然、警察機関が動きますが、民事は基本介入しない訳です。

ともすれば賠償や利用停止などの処置というのは、訴状をしたためて相手に訴えるというという行動が必要です。

しかしこうしたトラブルは、相手の住所や所在が解らない為に、訴状そのものが作れません。

実は弁護士に依頼すると、弁護士会からこうした調査ができたのですが、近年個人情報保護法によって銀行口座の調査も銀行が断る傾向があるのです。訴状を作っていざ賠償という話になっても、相手の資産や居住実態は自分で調べなければならないというのが現実なのです。これは大変困ったことになっているのです。

所在が解らないと、裁判をどこでつまり居住区でする訳ですから、裁判そのものが出来ません。

この間、自分の個人情報が漏洩したり、不利益が生じてもどうする事が出来ない訳です。

こうしたトラブルに、政府も表現の自由が憲法で保障されているので、また民事は自己の行動によっているので個別案件としてなかなか行政も対応してくれないのが実態です。

配信する自由と、それについての法整備がまだ追いついていないというのが実態でしょう。

総評

彗星のごとく現れた天才棋士を演じるということなので、どんな人物に演じてくれるのかが楽しみです。また、ストーリーは本格的なヒューマンドラマだそうなので、感動や考えさせられるシーンがたくさんありそうだなと感じました。

千葉雄大さんが演じている天才棋士の他に、将棋の道を諦めて刑事になったという人物が登場するそうなので、この二人がどんなふうに絡み合っていくのかが見どころだなと思いました。

将棋の道を諦めた刑事からしたら、事件の捜査とはいえ、もう一度将棋と関わることは少なからずとも嫌な気持ちが伴うものなんじゃないかなと思いました。

原作ストーリーは、2018年の本屋大賞大2位の受賞作だそうなので、とても緻密な展開がありそうだなと期待しています。

さらに、主人公の棋士の半生について描かれるというのも気になります。

今こそ天才棋士としてもてはやされているけれど、子供の頃にはとても貧しい時代があったそうなのでそこからどうやって棋士としての才能を開花させたのかが知りたいです。

ものすごいドラマがあるんじゃないかなと期待しています。

盤上の向日葵ドラマ1話フル動画無料 youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)などでほんぺんがみれないときは
下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盤上の向日葵ドラマ1話フル動画無料