TVバラエティ倉庫

魔界めぐり 動画 9月10日/河童/第6弾無料視聴NHKまとめ

魔界めぐり 動画 9月10日/河童/第6弾無料視聴NHKまとめ

この記事では、趣味どきっNHK魔界めぐりの無料視聴動画2019年9月10日の紹介や視聴者評価についてまとめた記事です。

 

2019年9月10日21時30分からEテレで『趣味どきっ! 魔界めぐり #6「河童(かっぱ)水辺の神出鬼没キャラ」』が放送されます

 

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

魔界めぐり 動画 9月10日/河童/第6弾無料視聴NHKまとめ
 

趣味どきっ! 魔界めぐり2019年9月10日 /動画配信の番組内容

 
 

東京の道具屋街として知られるかっぱ橋。この商店街と河童は、どんな関係があるのか?江戸時代からあちこちの水辺に出没し、馬さえも水中に引きずり込む、こわーい存在ながら、一方でどこか憎めない河童。全国各地にさまざまな呼び名で呼ばれ、数々の伝説が残るほど愛されてもきた。河童とはいったい何者なのか?愛好家の集まり「河童連邦共和国」顧問でもある飯倉先生の案内で、江戸の河童に思いをはせつつ、街歩きを楽しむ。

 

趣味どきっ! 魔界めぐり キャスト

 

出演
國學院大學文学部准教授…飯倉義之,金子貴俊,山崎怜奈,山口綾子,
語り
松元真一郎

 

みんなの感想

カッパについて

カッパと聞くと、私は「カッパの手」というお話を思い出します。なんでも願いを叶える「カッパの手」。

しかし叶えられるのは三つまで。どんな方法で叶えられるのかは分からないので、実際に願った人物たちは、自分が願った願い事でどんどん不幸になっていくというお話なんですよね。なので、あまりカッパに対して良い印象はないんです。

「趣味どきっ!魔界めぐり」でも、カッパは江戸時代から出没し、馬など大きな動物でさえも川に引きずり込むというカッパの怖い一面にフォーカスされるようで、なんとなく怖い存在と捉えているようですね。

でも、物語ではカッパに対して「いたずら好き」という一面があるという憎めなさで捉えられていたりもしますね。一体、本当にカッパなるものが存在していたのか?果たしてカッパとは何者だったのか?を考えながらの街歩き。

最後に答えは出るのでしょうか?カッパ愛好家が集まる「河童連邦共和国」というのもあるようで、いかに一部の人の間では、河童が愛されているのかが分かりますね。河童の魅力なども聞けるようです。

水辺のシンボル河童ですが、本当にいたのでしょうか?

いて欲しい気持ちがありますが、人間が想像でつくった架空のものかもしれません。

しかしながら、想像であれだけのニュアンスを描きたてるのは難しいと思います。頭の上にお皿が乗っていて、口は鳥みたいになっていて、背中に亀の甲が付いています。全身緑色で水かきが付いていて、手足の指は3本づつです。

妖怪に近いシルエットは、人間から見てどう映ったのでしょう。

水辺で石の上に河童がくつろいでいる光景を絵本で見た事があります。実際に居た確率は高いと思います。

東京のかっぱ橋、かっぱ巻き、雨合羽など、かっぱが付けられたルーツを辿って行くと真実が見えてきます。

いま現在、地名となっているものは江戸時代に付けられました。

江戸時代に河童を目撃した人は、証拠を絵に残して現在まで語り継がれています。

かっぱは一体何者なのか?現在の発達した科学で解き明かして欲しいです。

守り神なのか?かっぱを見ると幸運が舞い込んでくるのか?謎が多いです。

魔界めぐりは、誰もたどり着けない真実まで迫ります。

怖い一面も覗かせるかっぱですが、どこか憎めないのが不思議です。

人間が進化したとは考えにくいので、天からの贈り物と捉えると神秘的になります。

愛好家の集まり「河童連邦共和国」顧問である飯倉先生の案内での解説

昔は河童なんているわけないと思っていたんです。UFOのほうが映像としてやたらテレビで見るし存在するんじゃないかと感じてました。

ただ年齢重ねて旅番組をよく見るようになったら河童伝説みたいな感じで河童が昔ここに出たみたいな場所が多いです。

なのでもしかしたら存在している可能性あるんじゃないかと0%から3%くらいまで可能性は上げました。

江戸時代からあちこちの水辺に出没し、馬さえも水中に引きずり込むとありますが今は存在しないとは思うが昔はいたかも知れないなと思っています

昔は写真すらない時代では目撃談しか残らないだろうが全国各地に今も語り継がれていることを考えると存在したかも知れないと思うしかないですね。

そうやって考えて見ると趣味どきっ!魔界めぐり河童水辺の神出鬼没キャラも信ぴょう性を感じながらみると一段と面白いと思います。

なんでもかんでも頭から否定するのはよくないですね。

いないという実証もできない訳ですから。愛好家の集まり「河童連邦共和国」顧問である飯倉先生の案内での解説は気になりますね。

ネッシーも熱狂的ファンがいるとテレビで言ってましたが、河童の愛好家たちも集まって話して楽しいんだろうなと思いました。

まとめ

 

かっぱ橋の河童について特集するところです。

かっぱ橋といえば料理器具などの道具を売っている商店街ですが、遊びに言った時になぜかっぱ橋と呼ばれるのか興味は、ありました。

この名前の由来が、江戸時代にいた河童からきているのは、面白いですね。

江戸時代に人々を水中に引きずり込むほどの怖い河童ですが、現在は、河童というとかわいらしいキャラクターのイメージが、あります。

アニメやCMで河童のイメージは、ユニークな印象になりました。河童が、全国各地でいろんな呼び名をつけられているのも面白いですね。

河童以外の呼び方が、どんな呼び名なのか楽しみです。全国にいる河童たちは、その土地によってどんな存在だったのかも注目です。

河童の愛好家の飯倉先生と一緒にかっぱ橋の商店街を歩くのも面白そうです。

河童の関係している品々が、今でも飾られているのか知りたいです。

河童の像とかかわいくてかっぱ橋に行く際は、見学してみたいと思いました。

河童たちの姿をみてみると頭に皿をのせているのですが、この姿も江戸時代から伝えられている姿なのか知りたいです。最初に河童と遭遇した人は、誰なのかや河童と好物といわれるキュウリの関係なども飯倉先生に聞いてみたいです。

魔界めぐり動画9月10日2019年無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 youtube などのリーチサイトは危険

 
まずは違法動画については、現在はアップロード、ダウンロードしたら有罪ですが、何らかのタイミングで「アクセスしたら有罪」に変わった時に、ユーザーが違法行為を犯していることになりますので、まずは自分が犯罪者になるリスクがあります。

・次に、違法動画サイトにアクセスすることで、ウィルス感染やデータスキミングの被害にあうことも十分に想定できます。

特に違法動画のサイトは、もともとユーザ側に違法サイトにアクセスしたと言う後ろめたさがありますので、ウィルス感染でデータを抜き取られたり、あるいはそこで抜き取られたメールアドレスに不正請求されたとしても、被害を訴え出たり相談すると言うアクションを取れなかったり、またはアクションを取るのが遅くなる傾向にあります。

・また、無料で違法動画を見てしまうことに慣れてしまうと、必要なサービスに適正な対価を払うとという習慣が身につかない、ということも実は大きな被害だと言えます。

ばれなければいいや、広告を見てるから大丈夫なはず、得をするから正しい手順を取るほうがバカ、といった思考法は、その人自身の人生にとって、必ずしも人生をよくする価値観とは言えず、もっと大きな不正を罪悪感なく行ってしまう一歩となってしまうことも考えられます。

趣味どき 魔界めぐり動画9月10日2019年無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 youtube【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

趣味どきっ!魔界めぐり動画9月10日