TVバラエティ倉庫

魔界めぐり 見逃した配信/再放送 9月10日/河童/第6弾/趣味どき

魔界めぐり 見逃し配信/再放送 9月10日/河童/第6弾無料視聴NHKまとめ

ということで記事をお伝えします。

この記事では、趣味どきっNHK魔界めぐりの無料視聴や見逃した時の配信/再放送が見れない方やみんなの感想についてまとめた記事です。

 

2019年9月10日21時30分からEテレで『趣味どきっ! 魔界めぐり #6「河童(かっぱ)水辺の神出鬼没キャラ」』が放送されます

 

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

魔界めぐり 見逃し配信/再放送 9月10日/河童/第6弾無料視聴NHKまとめ
 

趣味どきっ! 魔界めぐり2019年9月10日 の番組内容

 

東京の道具屋街として知られるかっぱ橋。この商店街と河童は、どんな関係があるのか?

江戸時代からあちこちの水辺に出没し、馬さえも水中に引きずり込む、こわーい存在ながら、一方でどこか憎めない河童。

全国各地にさまざまな呼び名で呼ばれ、数々の伝説が残るほど愛されてもきた。

河童とはいったい何者なのか?愛好家の集まり「河童連邦共和国」顧問でもある飯倉先生の案内で、江戸の河童に思いをはせつつ、街歩きを楽しむ。

 

趣味どきっ! 魔界めぐり キャスト

 

出演
國學院大學文学部准教授…飯倉義之,金子貴俊,山崎怜奈,山口綾子,
語り
松元真一郎

 

みんなの感想

私は妖怪の話が大好き

私は妖怪の話が大好きで、特に小豆洗いや河童に興味があるのです。

河童は妖怪の中でも3本の指に入るくらい有名な未確認動物です。

河童は空想上の生物とされて来ましたが、河童のミイラが発見されたとゆう話題が上がったりと、謎の多い妖怪です。

私は河童を色々調べて来ましたが、河童が悪い妖怪なのか良い妖怪なのかも諸説あり、謎が深いのです。

『趣味どきっ!魔界めぐり』では、河童愛好家の先生も出演する為、その辺りを詳しくお話し頂けるのでは無いかと期待します。

悪い説で言えば、水辺を歩いていた人間を川に引きずり込み死なせてしまう。

良い説で言えば、人間に強力して橋を造ったり人間に捕まえられて改心したりするエピソードも伝承として伝わっています。又、大親分河童もいたりで知的レベルは高め、『水神様』とも言われ、神事である相撲が大好きだったりします。

胡瓜が好きなのも夏祭りに胡瓜を奉納してたからという意見もあったりします。

調べれば調べる程、多くの説がある河童ですが、比較的良い方の説が多い為、私は『水神様』だと信じてます。

又、カッパは普段私達が認識している姿は仮の姿だとも言われております。

今回放送の『趣味どきっ!魔界めぐり』では、東京にあるかっぱ橋と河童との関係を探る番組です。河童に詳しい先生も登場し、街歩きをしながら色々な知識を披露してくれるのでは無いかと期待します。

あまりテレビで妖怪を取り上げる番組は無い為、私は楽しみに思います。

東京の道具屋街

東京の道具屋街として知られている、かっぱ橋、そんな道具屋街と河童とはどんな関係があるのか?江戸時代から水辺に出没し、馬さえも引きずり込むという怖い河童ですが、全国各地に様々な名前で呼ばれ伝説も多々あり、愛される一面もある河童の正体とは?という内容を見て、かっぱ橋と名前が付いているからには、昔に河童らしき得体の知れない存在と関わりがあり、名前を残すからには悪い事ではなく、人間にとって良い事をしてもらったという様な伝説が残っていて、かっぱ橋と付いているのかなと思いました。

河童とは一体何者か?という内容からも、全国に沢山の伝説が残っている事からも、河童が架空の生き物だったのか?それとも実在しながらも滅んだ生き物だったのか?そんな真相にも興味深いなと感じました。

愛好家が集まり、「河童連邦共和国」顧問である飯倉先生の案内で江戸の河童に思いをはせつつ街歩きを楽しむという内容を見て、昔は河童が、氾濫が多かった河川の治水工事をする人間達を手伝っていたという話を聞いた事があり、人間とは仲良く暮らしていたのでは?とも考えられ、怖い伝説と愛される伝説が入り混ざった存在だなとも感じています。

そんな色んな顔を持つ河童伝説を街を巡りながら見られたら面白いなと思いました。

河童の伝説

河童の伝説は日本に古くからある河川であちこちにあります。

河童の姿は今は統一された感じはありますが本来は各地で様々な河童像や名称が存在しましたまた。

またいたずら好きでほとんど害の無いものから人を水底に引き込む邪悪な怪物としての話などこれも各地で分かれています。

近年はどこか憎めないきゅうりが好きな愛されキャラとして確立しました。河童とは何者なのか。

河童の愛好家や専門家達が集まり様々な議論を行います。決め手は無いでしょうが、河童について非常に詳しくなることは間違いないでしょう。

江戸時代の河童話を中心に送るようですがその時代はどんな存在として認識されていたのか気になる所です。

また浅草のかっぱ橋を巡りその由来についていろいろと調べることになります。

今では河童がマスコットになっているかっぱ橋ですが、河童は実際の所は関係なく合羽屋さんが開いた土地なので合羽橋と呼ばれることになったそうです。

ですが橋を作るにあたって河童が協力した御伽噺が存在しており、こじつけとは言え面白いですね。

水辺の神出鬼没キャラとして今は愛されている河童。その伝説を知る機会として番組を楽しんでみてください。

まとめ

 

今回は趣味どきっ!魔界めぐり#6「河童(かっぱ)水辺の神出鬼没キャラ」東京の道具屋街として知られるかっぱ橋。この商店街と河童は、どんな関係があるのか?(省略)

愛好家の集まり「河童連邦共和国」顧問でもある飯倉先生の案内で、江戸の河童に思いをはせつつ、街歩きを楽しむ。

今回の楽しみな点は「河童」でしょうか。河童といえば日本の妖怪ではお馴染みですね。頭に皿をのせている。

日本各地に河童伝説はあると思います。

例えば柳田国男著『遠野物語』で知られる岩手県・遠野には、カッパ出没スポットがあちこちに残っているそうです。

しかもなんと、『カッパ捕獲許可証』を取得すれば捕まえちゃってもよいのだとか!

番組の紹介は東京の河童伝説ということですが、河童像もでてくるそうで。商店街と河童の関係は…想像がつかないですね。

いわゆる商売繁盛なのか、守り神的な存在なのかもしれませんね。

河童については日本各地に伝説があるので、短編集でいいので3~5本くらいご紹介した番組も企画としてはよいかもしれませんね。

あなたの地元では河童いや妖怪にまつわる伝説はありますか?今日放映楽しみにしましょう。

魔界めぐり見逃し配信/再放送9月10日2019年無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 youtube などのリーチサイトは危険

 

違法ものやリーチサイトのユーザーが被る被害としては最も顕著なのはモラルの低下と考えられます。

これが違法ものの視聴が社会全体に蔓延すると、海賊版が横行した特許や著作権、肖像権などが全く考慮されない社会、つまり発展途上国の社会になると考えられます。

従って人のものをコピーして自分が作ったようにして販売してもいいという考えに至り、他人のマネばかりするようになり、この様な状況では優れたクリエイターは創作活動など馬鹿馬鹿しくなり海外に逃げてしまいます。

そうなると日本国内では自分たちで物が製造できなくなり、人のパクリか海外製のものばかりが並ぶようになります。これが蔓延するとそのうちものだけの話ではなくなり、本や音楽のサブカルチャーから、基幹産業まで汚染されていくと思われます。

基幹産業までコピー品で置き換えられてしまうと、経済活動が立ち行かなくなり、それはもはや日本は先進国ではなくなることを意味します。

そして日本は他国の二番煎じをずっと行うことになるでしょう。

少し前の中国の様に。まとめると違法ものが蔓延することはその国に健全な競争を生まなくなり、より優れた商品を世に出そうという気概を完全に阻害します。

趣味どき 魔界めぐり見逃し配信/再放送9月10日2019年無料 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 youtube【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

趣味どきっ!魔界めぐり見逃し配信/再放送9月10日