TVバラエティ倉庫

MGC/マラソングランドチャンピオンシップ動画 男子 9月11日tbs公式パラビ無料視聴瀬古利彦/高橋尚子ドラマ

MGCマラソングランドチャンピオンシップ動画男子9月11日tbs公式パラビ無料視聴

ということで記事をお伝えします。
MGCマラソングランドチャンピオンシップ動画無料視聴 男子 9月11日やみんなの感想をまとめました

当記事では

 
下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 
MGCマラソングランドチャンピオンシップ動画男子9月11日tbs公式パラビ無料視聴

 

MGCマラソングランドチャンピオンシップ動画男子9月11日tbs公式パラビ無料視聴番組内容

安住紳一郎が切り込むマラソン界のタブー&五輪3大会連続の惨敗。最大危機に立ち上がった男たちの壮絶ドラマ。32年前代表選考騒動…、封印された禁断の事件の真相.

番組内容

順位なのか、タイムなのか、はたまた実績なのか…。選手も国民もスッキリしない、あいまいな選考システム。その裏には、誰も踏み込めないマラソン界のタブーが存在していた…。ソウル五輪代表選考で、あいまいな選考基準によって、代表の座を逃した悲運の男が生まれたた。この騒動は、日本マラソン界最大の事件として、これまで誰も触れることができなかったのだ。あれから32年、悲劇のランナーが、封印してきた禁断の選考問題を初告白。そして今回、瀬古が長年心にしまっていた思いを初めて彼に伝える。「人生を変えてしまって申し訳なかった…」その思いを聞いた男は…。

キャスト

MC:安住紳一郎、江藤愛 ゲスト:有森裕子、高橋尚子、原晋、土田晃之 ドラマ:徳重聡、三浦理恵子、武井壮、佐藤真弓、手塚とおる、嶋大輔

みんなの感想

2020東京オリンピック開催まであと1年を切りました。

オリンピックの華はなんと言ってもマラソンででしょう。ここしばらく日本選手はメダルから遠ざかっていますが、地元で開催のオリンピックです。

走りなれたコースで日本選手に有利な展開が期待できますので男女とも是非ともメダルを取って欲しいですよね。

さてオリンピックのマラソンですが、代表選手はどうやって選出されるのでしょうか。もちろん一番速い選手を選べばよいのですが、実は過去の選考は例えばオリンピック出場枠が3名だったとしてその選考レースが4レースあったりといった具合で、選考基準は順位なのか、タイムなのか、実績なのか国民や選手自身もわからないという非常に不鮮明な状況がずっと続いていました。

さすがにこれはまずい、こんなことやってたらいつまでたってもメダルは狙えない、陸上関係者も遅まきながらそれに気付いたのでしょう。

2020東京オリンピックの代表選考はオリンピック出場候補を集めマラソングランドチャンピオンシップというレースを開催し、上位2名をオリンピック代表に内定させることにしたのです。誰もが納得できる選考方法と思われますので、これは大きな改革です。この番組はマラソングランドチャンピオンシップ初開催を記念し、今から32年前の瀬古と中山の騒動やバルセルナの時の有森と松野の戦いなど、過去のオリンピック代表選考問題を当事者のインタビューと再現ドラマで振り返っていきます

。、さらにマラソングランドチャンピオンシップの勝負ポイントの解説、あるいは大迫・設楽といった注目選手のレース展開を予想するなど楽しみな企画もあります。瀬古選手が選考されたことで人生を変えられてしまった悲劇の選手とはいったい誰?2020で日本選手は本当にメダルを狙えるの?マラソンファンのそういった疑問にこの番組は答えてくれます。

瀬古選手

楽しみな所は、東京オリンピックの代表が、決定するマラソン大会を観られるところです。

日本での開催という事で今回の東京オリンピックにかける選手達の想いも熱いと思います。オリンピックのマラソン代表選手を決める戦いを観た事が、ないのでどんなマラソンになるのか注目しています。

瀬古利彦さんが、インタビューに答えていて懐かしかったです。マラソンに詳しくないのですが、瀬古利彦さんと高橋尚子さんは、知っているので瀬古利彦さんが、今回の戦いでオリンピック候補選手とどう関わっているのか知りたいです。

日本記録保持者の二人の対決が、見どころになりそうですが、他の選手が、優勝する事もあるのでゴールまでドキドキの試合展開になりそうです。

猛暑の夏を過ぎているのでマラソンをするには、丁度良さそうな天候です。

いだてんを観ていてマラソンは、水分補給や暑さに対しての対策を考える事も重要と分かったので選手達が、長距離を走るにつれてどのタイミングで水分を補給するのかや走る速度を調節するのかなども勝敗を決めるキーポイントになりそうです。

どの選手にも出場してもらいたいと思ってしまいますが、このチャンピオンシップで思う存分努力の成果をみせてほしいです。

マラソン中継の楽しさ

私がマラソン中継で楽しみにしている点。それは町の風景です。当たり前ですがマラソンは大きな町から田舎まで、様々な場所で開催されます。

普段いけない場所で開催されるマラソン大会はそれだけで私の旅行に行きたい欲を少しですが満たしてくれます。マラソンは日本国内はもとより世界中の風景が見れるため、その場所の人の暮らしも想像できます。

また、伝統ある大会では同じところを走っていても、今と昔の比較ができるのでおもしろいです。マラソンとはちょっと違いますが、箱根駅伝では過去の映像が流れ、今はない蒲田の踏切で止められる選手の映像や、大雪の中を走る映像。今ある建物がない時代の風景などが写るとたまりません。

またマラソンは42.195kmと長距離なので刻々と風景が変わるのもいいですね。私の地域にはないチェーン店が写って地域差を確認したり、同じチェーン店があってなぜかほっとしたり。以前言ったことがある街の行った場所が写るとその当時の思い出がよみがえったりと、正直選手の頑張りよりもそっちの方に気が向いて結果はあまり見ていません。

なのでロンドンオリンピックであったような同じところをグルグル回るマラソンは正直見たくないです。

普段そんなにマラソン中継を好んで見る方ではないのですが、見る時には集中して見てしまいます。

マラソンのように誰かが頑張って息を切らしながら走っている姿を見るのは自分ではなかなかできないし経験が少ない分、自分にできないことをひたすらまっすぐ行なっているその姿に感化され、それが見ていて楽しいです。

ペース配分を選手たちはどんなふうに考え、そして実際に道をどういったペースで走るのか、戦略的な部分にもワクワクしますし、走り始め、スタート地点で全員が一斉に飛び出す場面とゴールで選手たちが行ききれて座り込んでしまう場面は特にマラソンの名場面といっても良いんじゃないかと思います。

多くの選手が走りながら追い越しては追い抜かれ、周りと競い合いながらゴールを目指す姿に勇気付けられ、自分が走っているわけではないにも関わらずいつしか手に汗握るほど画面に夢中になっています。

そういったマラソン選手たちの姿も見所ではありますが、同じくらい楽しみなのがマラソン実況です。特に増田明美さんによるマラソンの実況はとても見応え、聞き応えがあるので好きです。

選手たちのことを事細かに取材し、どこまでもマラソンという競技に寄り添っている増田さんの実況は聞いていて心地よく、それもマラソンの大きな楽しみの一つになっています。

みどころ

この番組の楽しみな点は2つあります。

1つ目の楽しみな点は、東京オリンピックという日本のオリンピック代表を賭けた熱い戦いが見られるということです。東京オリンピックは日本では2度目の開催であり、一生に一度ともいえる大舞台だと言えます。

そのため日本の東京オリンピック代表ということは歴史に名を残すことと同じことといっても過言ではありません。

この番組の予告では、その選手の育成の為にコーチが禁忌を犯した等の様々な背景のドラマ予告がなされています。

コーチたちの東京オリンピックにかけるマラソン選手に対してどのように意気込みを語っていくのかということはこの番組の注目すべき点だと言えます。

2つ目の楽しみな点については、日本記録保持者の大迫選手と前日本記録保持者の設楽選手の激突とその他実力者ぞろいの選手との争いという今まで以上のハイレベルな戦いが期待できるという点です。

上記の2選手に加え真夏のアジア大会で優勝した井上選手が注目されていますが、日本陸上競技連盟の瀬古利彦リーダーは、「予想通りにいかないのがマラソン」と言っており、実力者ぞろいではあるが、天候等の条件や選手のスタミナ等によって結果は大きく変わると言っており、ただ単に実力がある人が勝つのではなく、どこで選手が仕掛けるかがレースのカギという、予想できない展開に注目したいところです。

まとめ

東京オリンピックのマラソン代表をかけて、MGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)が9月15日に行われます。これまでのオリンピックにおいて、日本のマラソン代表の決定で様々な問題やトラブルも多くあったりしてきたので、当時の人たちのインタビューをもとにどんなことがあったのかもドラマ調、ドキュメンタリー調に描かれるということなので、その出来事を振り返りながらマラソン代表の熾烈さを感じつつ、15日のレースを楽しみにしたいと思っています。

そして、15日に開催されるMGCに参加するにも出場権があり、2017年から2019年までのレースで結果を残してきたエリート選手が代表の座をかけてレースに出場をしてきます。このMGCには、男子31人、女性12人が出場を予定しており、出場する選手は若手からベテランまでそれぞれ、東京オリンピックの切符をつかむために、このレースに向けて取り組んできており、その様子をドキュメンタリーとしてどのように描かれていくのかとても楽しみにしています。特に男子は日本記録保持者の大迫傑選手や設楽悠太選手を中心にどんなレースを展開していくのかを予想をしながらみていきたいと思っています。

総括

先ず、スタートまでの緊張感です。特に脚光を浴びていない選手達の顔はとても厳しかったりし、見ている方まで緊張してきます。

スタートが切られ選手が団子状態で走り出し、次の楽しみは誰がその一団から飛び出してくるのかです。試合によっては勝負の駆け引きの幕開けにもなります。ただ、だいたい徐々に差が開くという展開になりますので、そこでの選手達の表情がまた楽しみです。余裕を感じる選手ではなく、苦しい表情の選手を見ていると応援せざるを得ません。実況の選手情報で、怪我を抱えて等、無理を圧しての出場だったりすると余計です。

日本人は半眼贔屓ですから、情に流されてしまいます。往々にして、差を広げるのは外国人選手なので、やはり日本人選手が中盤のこのタイミングで健闘してくれると誇らしいですし、外国人選手との駆け引きは見どころになるでしょう。

レース終盤は、先頭集団しかテレビでは注目されないのですが、実は最後尾の駆け引きをする選手達の表情やレース展開は予想できないので面白いです。先頭集団は常時放送されるので、レース展開はある程度予想できますが、最後尾は誰も予想できない展開が潜んでいます。そして、ゴール1㎞前になると、やはり先頭争いが注目されます。

無名の選手であれば、盛り上がるでしょうし、マニアの方は記録(時間)を気にするでしょう。そして、ゴールとなります。一般視聴者が胸熱くするのは選手の涙でしょうか。いや、選手を支えた家族の姿や仲間の姿ではないかと思っています。

その選手が如何に多くの人に支えられているのかという事に胸を打つと思います。
また、テレビ放送されませんが、最後尾の選手達のゴールシーンは興味深いという意味で面白いです。放映時間がゆるすのであれば、最後の選手のゴールまで映してあげて欲しいと思います。マラソンの中継を見ていて楽しみなのはまず、ランナーのウエアです。

近頃のランナーはみんなオシャレになってきているので、見ていて楽しいです。

サングラスやシューズもデザインが素敵なものばかりで、みなさんととっても素敵だなと思います。

またらマラソン中継は街の様子がうつります。自分が知っている街だとなんだか嬉しく思うし、知らない街の風景でも、中継では名所旧跡を知らせてくれることが多いので、勉強になります。行ってみたいと思うこともあります。あとは補給ポイントです。ポイントでの選手たちの様子も気になりますが、みなさんどのようなものを食べたり、飲んだりしているのか、とても気になります。

私も走るので、エネルギーになるようなものが参考になります。間違えずに選手が自分の栄養補給をすることができるかも見ていてドキドキするポイントです。

毎回どんなマラソンでも全速力で走っておいつこうとしている人がいるのも楽しいポイントです。自転車でもみなさん必死にこいでいるのがわかるので、ランナーがとても速いスピードで走っているのが余計に際立ちます。また、マラソン中継はゴールド間近にみんな残った力を振り絞って走る様子が見ていててに汗をにぎります。

下記にて
(無料視聴できます)

 

↓ ↓
 
MGCマラソングランドチャンピオンシップ動画男子9月11日tbs公式パラビ無料視聴