TVバラエティ倉庫

プレミアムシアター/動画/9月15日nhk 無料視聴見逃し配信再放送

プレミアムシアターエイフマンバレエ「ロダン」歌劇「イドメネオ」nhk動画無料視聴9月15日

 

2019年9月15日24時からBSプレミアムで『プレミアムシアター エイフマン・バレエ「ロダン」&歌劇「イドメネオ」』が放送されます

 

本記事ですが

① プレミアムシアター 動画 9月15日の無料視聴サイト紹介
② エイフマン・バレエ「ロダン」動画9月15日の無料視聴サイト紹介
③ 歌劇「イドメネオ」動画9月15日の無料視聴サイト紹介
④ 視聴者の感想
についてまとめた記事です

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

プレミアムシアターエイフマンバレエ「ロダン」歌劇「イドメネオ」nhk動画無料視聴9月15日
 

プレミアムシアターエイフマンバレエ「ロダン」歌劇「イドメネオ」nhk動画無料視聴9月15日 /番組内容

 

「近代彫刻の父」と呼ばれるロダンと、愛弟子のカミーユ・クローデル、そして妻ローズ。3人の愛と葛藤を、ロシアの鬼才ボリス・エイフマンがダイナミックなダンスで浮き彫りにするバレエ「ロダン」。鍛え上げられたダンサーの肉体が彫像に形を変えていく斬新な振付けに注目。▽1:38~後半は、マドリード・レアル劇場の歌劇「イドメネオ」。演出家ロバート・カーセンがモーツァルトのオペラを現代的な視点で描き出す。

 

プレミアムシアター キャスト

 

エリック・カトラー,ダビー・ポルティージョ,アネット・フリッチュ,エレオノーラ・ブラット,ベンジャミン・ヒューレット,オリヴァー・ジョンストン,アレクサンドル・ツィムバリュクほか

 

視聴者評価

 

個人的にクラシック・バレエは見る機会が少ないのであまり詳しくは無いですが、ボリス・エイフマンのバレエは有名で、一度見てみたいと思っていたら、BSで放送されるということを知り、感激しました。オーギュスト・ロダンといえば、「考える人」の彫刻の作者ですが、そもそもこの像は「地獄の門」のパーツの一部で、何故この気味の悪い像が、学校に置かれるようになったのか不思議です。このバレエを見たらロダンの人物像が少しは分かるのではと、期待しています。バレエの肉体美と彫刻は、美の観点が凄く似ているので、この発想はとても素晴らしいと思います。次に、歌劇「イドメネオ」についてですが、作曲者であるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが、24歳という若い頃の作品で、彼の作品の中では重要な位置を占めているとのことです。トロイア戦争後のクレタ島を舞台として、息子、イダマンテへの王位継承を描いた第3幕まである歌劇です。クラシック初心者の自分にとって、鳥好きなモーツァルトは個人的にもファンであり、好きな作品が多く、期待しています。バロック・オペラ等で有名なイギリスのアイヴァー・モルトンによる指揮も、とても贅沢なのですが、マドリード・レアル劇場における公演ということなので、建物の外観やホール内の映像も楽しみにしております。

みどころ

プレミアムシアターエイフマン・バレエ「ロダン」&歌劇「インドメネオ」はクラッシック音楽の選りすぐりの公演を楽しんで頂く番組です。東京文化会館大ホールで公演されたエイフマン・バレエ「ロダン」。彫刻家ロダンと二人の女性の愛憎を描いた作品です。近代彫刻家の父と呼ばれるロダンと愛弟子のカミーユ・クローデルと妻のローズの三人の愛と葛藤をロシアの鬼才ボリス・エイフマンが振り付けしたダイナミックなダンスで浮き彫りにします。鍛えあげられたダンサーの肉体が彫像に変わっていく斬新な振り付けに注目です。鬼才ボリス・エイフマンさんがどんなダイナミックなダンスを振り付けしたのでしょうか。また、ダンサーの鍛えあげられた肉体が彫像に変わっていくという斬新な振り付けも気になります。後半はスペインのマドリード・レアル劇場で公演された歌劇「イドメネオ」演出家ロバート・カーセンがモーツァルトのオペラを現代的な視点で描き出します。演出家ロバート・カーセンがどんな風に歌劇「イドメネオ」を演出したのでしょうか。でも、一番気になるのは、現代的な視点というところです。モーツァルトのオペラが身近に感じられるということなのでしょうか。凄く楽しみです。
 

まとめ

 
プレミアムシアター エイフマン・バレエ「ロダン」&歌劇「イドメネオ」は、クラシック音楽の世界をバレエで表現するというところがおもしろそうだなと思いました。クラシックは歌詞がないけれど、その音楽を曲調だけでどんなふうに捉えて表現するのかが気になります。エイフマンこ振り付けのバレエ「ロダン」は、彫刻家の父と愛弟子と妻の3人の愛と葛藤の物語だそうですが、どんなストーリー展開になるのかが楽しみです。ロダンは考える人の彫刻で有名ですが、そんなたくさんの有名彫刻が制作された裏側には、弟子であり愛人である女性の存在があったということなので、この女性がどんなふうにロダンを支えたのかが気になります。しかし、ロダンには妻がいたということなので、妻と愛人の憎悪溢れる女のバトルも表現されるのかなととても楽しみです。最終的にロダンは、妻を選ぶのか、それとも自分に才能を与えてくれた愛人を選ぶのかが気になります。鍛え上げられたダンサーの肉体が彫像に形を変えていくという斬新な振付けもあるということなのでそこが注目どころだなと思いました。ロダンの彫刻作品が舞台の上で実際の肉体で表現されるなんてとても素晴らしいステージになりそうな予感がします。

バレエは斬新な現代的なものが多くなっていてロダンというのがとても気になります。エイフマン・バレエ(ロダン」ということですが、ロダンの彫刻が頭に浮かびます。なのであの筋肉の逞しい男のひとの肉体美が素晴らしいと思い芸術的の秋がきているので楽しみです。音楽も、ラベル、サンサーンスを使っていたり知っている曲があれば嬉しいです。バレエも演出の方によってどんどん同じ演目をしても全く違うものが出来上がるので一期一会だと思います。バレエも楽しみですが、モーツァルト作曲の歌劇「イドメネオ」はロバート・カーセン演出で映像を拝見してとても斬新な現代風の衣装をつけておられていて、今の方にも受け入れやすい感じの見た感じがあります。クラシックのオペラが好きなのでオペラの全幕ではなくハイライトしか見たことがなく、今回全幕見れたらと思い楽しみです。イリヤの役どころが好きでこのアリアが美しいです。ハイライトで聴いた時にいい曲だなと技巧的な部分が多く難しい部分も多いので歌い手さんによってこれ変わるので楽しみです。その人のこういう風に演じるとか、その人のイリアが出てきたりするので、同じ演目で違う人の歌や演技で比べて自分の好みのものを見つけるのも楽しみです。

総評

バレエをご覧になったことがある人って意外と少ないのではないでしょうか。しかもご覧になったことがある人でもせいぜい小学生のバレエの発表会などではないでしょうか。日本では小学生の時にバレエを習っている子供は多いですが、殆どの子供が中学生になるとやめてしまうんですね。中学生になると高校受験もありますし、それにバレエをずっと続けたとしても日本でバレーリーナとして生活していくのはかなり厳しいようで、才能を認められたとしてもその才能に見合うだけの収入が得らず、普通に会社に勤めた方が生活も安定するようですね。さてバレエの本場ロシアではバレリーナの地位はものすごく高く、才能を認められれば一生安泰した生活ができるんです。ただし才能を認められるにはとてつもなく厳しい修行に耐えないとで、物凄く狭き門を通り抜けないとトップダンサーになれないんですね。番組前半はそんなロシアの鬼才と言われるボリス・エイフマンが振り付けをした「ロダン」です。ロダンというとピンと来ないかもしれませんが、彫刻の「考える人」の作者ロダンです。ロダンとその弟子そしてロダンの妻の三角関係をボリス・エイフマンが斬新なダンスに仕上げ、それをロシアのトップクラスのダンサー達が見事に演じきります。番組後半はカナダ出身の世界的なオペラ監督ロバート・カーセンが演出するスペインはマドリード・レアル劇場でのの歌劇「イドメネオ」です。「イドメネオ」はモーツァルト作曲のオペラで16世紀後半の作品ですが、ロバート・カーセンが現代的な視点で書き換えました。オペラというとどうにも堅苦しいイメージがありますが、例えば現代風の衣装を着ていたりして堅苦しさを取り除いています。バレエとオペラというと殆どなじみのない人も多いかと思いますが、この番組をみると今までの先入観が壊されることでしょう。なじみがなくても楽しめると思います。

 
プレミアムシアターエイフマンバレエ「ロダン」歌劇「イドメネオ」nhk動画無料視聴9月15日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)ではみれません

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

プレミアムシアターエイフマンバレエ「ロダン」歌劇「イドメネオ」nhk動画無料視聴9月15日