TVバラエティ倉庫

池内博之の漂流アドベンチャー4 動画 フル 無料視聴9月14日2019年まとめ

池内博之の漂流アドベンチャー4/動画/フル無料視聴9月14日2019年まとめ

 

2019年9月14日18時からBSプレミアムで『池内博之の漂流アドベンチャー4「漂流484日 船頭重吉の究極サバイバル」』が放送されます

 

当記事では
① 池内博之の漂流アドベンチャー4/第4弾/動画/フル無料視聴配信サイトの紹介
② 視聴者が選んだみどころまとめ

についてまとめた記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

池内博之の漂流アドベンチャー4/動画/2019年9月14日

池内博之の漂流アドベンチャー4 /2019年9月14日動画番組内容

 

今から200年前、嵐に遭って太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉。船はかじも帆柱もなくして操縦不能。飲み水も尽き、食料は積荷の大豆だけ。風と潮流任せの日々に乗組員たちは希望をなくし集団自殺を図る。さらに謎の病気が発生、全員が寝込んでしまう。そんな絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのか?重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記を俳優・池内博之がヨットと一人芝居でたどる。

 

池内博之の漂流アドベンチャー4 キャスト

 

出演
池内博之,

語り
武内陶子

 

池内博之の漂流アドベンチャー4/動画/視聴者が選ぶ感想

 

池内博之さんが明治の冒険家・水谷新六の跡を追って太平洋をヨットで駆け回る海洋アドベンチャー番組

今回は200年前に実際におきた太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉がどうやって生き抜いてきたのかという話を題材に絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのかや当時のことをイメージしつつ、池内博之さんが一人芝居に挑戦するという内容となっているため、これは過酷なロケだったのではないかなと思っていたりします。

重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記をもとに池内博之さんがヨットともに色々と再現することになるため、まさかのアクシデントとか展開とかもありそうであるため、これは手に汗握るシーンとかも見れるかもしれないです。

実際におきたことをヨットとともに一人芝居をしないとけないため、池内博之さんのセンスや演技力が試される番組になりそうであります。

ちなみに池内博之さんは海外とかでも俳優経験があるため、こういったロケとかは無難にこなしそうなイメージがあるけど、ヨットを使いながらの一人芝居であるので苦戦するかもしれないので見どころが多々ありそうです。

みどころ

池内博之の漂流アドベンチャー4「漂流484日船頭重吉の究極サバイバル」は明治の冒険家・水谷新六の跡を追って太平洋をヨットで駆け回る海洋アドベンチャーとなっております

が、今回の面白そうな点については重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記をもとにストーリー構成が行われていて、海外でも人気のある俳優「池内博之」さんがヨットを使いながら一人芝居をしつつ、今から200年前、嵐に遭って太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉が当時どういった感じで生き延びたのかということを再現してくれます。

絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのかについても色々と説明があったり、資料とかをもとに解説をしてくれそうであるため、ここも見どころかなと感じています。

「池内博之」さんの一人芝居が行われるため、果たしてどこまでしっかりと再現できるのかが鍵となりそうであります。

そして目指すは、海図に載っているのに誰にも見つけられない幻の宝島を目指して旅をする姿にも注目をしたいところとなっています。

「池内博之」さんもこのロケは大変なところが沢山あったかもしれませんが、多くの人たちにこういった出来事が昔にあったんだということを知ってもらいたいために必死で頑張っている姿にもほんとに感動しそうです。

池内博之の漂流アドベンチャー4「漂流484日船頭重吉の究極サバイバル

 

484日もの間海の上で漂流を続けた重吉の物語を描いています。

食料や飲み水がほとんどなく、自分以外の乗組員は衰弱していたり、自殺を図ったりしている中で、重吉は1年以上の漂流生活ののち、無事に生還を果たします。

1年間を越える日数とんでもない環境下で過ごしたわけですが、この重吉はどうやって生き延びることができたのか?

そこが非常に気になります。

普通なら衰弱しきって死ぬか、精神的におかしくなって自殺するか、このどちらかではないか?と思うのですが、この人の場合にはそのどちらでもなかったということで、普通なら信じられないような結末ですけど、彼が実際に生き延びることができた瞬間までの過程がどのようになっていたのか?が明らかになります。

人間というのは極限状態になっても、なんとかなることがあるということになりますけど、それは重吉という人物の何らかの知恵があったのではないか?と思います。

そういったいざというときに使える技などを学ぶという意味でも、意味のある、タメになる番組なのではないか?と思えてくるので、そこが見どころでしょう。

まとめ

俳優の池内博之が太平洋をヨットで駆け回る海洋アドベンチャーの第4弾。

今から約200年前、江戸から尾張への帰途の途中に嵐に遭って遭難。

太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉。

彼が漂流した時の状況を、当時の国学者による聞き取りによる口述筆記にて書き上げられた「船長日記」の再現を池内博之がヨットと一人芝居でたどります。

日記には船はかじも帆柱もなくして操縦不能となり、飲み水も尽き食料は積荷の大豆だけになってしまいます。大豆をきな粉にしたり、魚を釣ったりして飢えを何とかしのいだ事。

また風と潮流任せの日々に乗組員たちは希望をなくし集団自殺を図ったり、過酷な状況で壊血病や栄養失調で全員が寝込んでしまいます。

やがて次々と命を落とすなど絶望の日々の様子が書かれています。

絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのか。

極限状態に置かれた人間の心理が描かれた、文学的価値の高い資料でもあるこの「船長日記」の再現はかなりの挑戦と勇気のいる番組となるでしょう。

日本からアメリカ・カリフォルニア州沿岸まで漂流した想像もつかない航海。

それを視聴者はどう感じるの大変興味深いです。

そこから帰国するまでも大変な苦労がありましたが今回はそこまではしないでしょう。

いずれにせよ世界でも類を見ない絶望の漂流を番組がどう描くのか。

貴重な映像となりそうです。

池内博之

池内博之さんを初めて見たのは、もうずっと昔のことですが、その時の印象が強すぎて私に中でも池内さんといえば、坊主頭の色黒で目の大きな男性というイメージしかありません。

こんなにスタイルが良くて、天然パーマの坊主姿の日本人男性がいるのだなと驚いた記憶があります。

坊主頭も似合っていましたが、大人になってからの天然パーマを活かしたくるくるヘアーもとても似合っていて素敵だなと思います。

年齢を重ねていくごとに魅力が増して、年々いい感じの大人な男性になっているので羨ましいなと思います。男らしい役柄から、少し乙女チックな役柄まで何でもこなせる役者さんなので、毎回すごいなと思いながら見ています。

かっこいいだけではなく、大人の渋さや、優しさも見え隠れする演技が大好きです。

目も綺麗な方なので、毎回吸い込まれそうだなと思いますが、この瞳から流れる涙の演技もすごく素敵なので、池内さんにはなきの演技も似合っているなと思ってしまいます。

こちらまで切なくなるような泣き方をされる方なのですごいです。

また、笑顔の時もすごく素敵だなと思います。

ニコーと口いっぱいに笑顔が広がり、まるで子供のような笑顔をされるので笑顔の時も大好きです。

池内博之さんと言えば、独特の濃い容貌から、ちょっと強面だなという印象の強い俳優さんでした。実は、日本人の父親とエルサルバドル人の母親を持つハーフだそうで、それゆえの掘りの深い顔立ちだったのですね。

私が最初に池内博之さんを知ったのは、1998年に大人気漫画を実写ドラマ化した『GTO』でした。その中で、反町隆史さん演じる主人公の鬼塚英吉が受け持つクラスで、主人公に反抗的な男子生徒のリーダー格村井国雄を演じていました。

俳優としてのデビューが1997年だったそうですから、ちょうどデビュー直後の時期だったということになりますね。

それ以来、いろんな映画やテレビドラマでその姿を見かけるようになりました。主演ではなく脇役としての主演作品が多かったのですが、その独特の濃い容貌は、脇役だろうと強い存在感を放っていましたから、すぐに池内博之さんだと気づくことができました。

俳優デビューから既に20年以上が経ち、出演した作品の数は膨大なものとなっています。

また私は知らなかったのですが、池内博之さんは舞台俳優としても活躍されているそうで、もし機会があれば一度鑑賞してみたいものです。

今後も、その独特の存在感を武器に活躍して欲しい俳優さんですね。

総評

今から約200年前の江戸時代後期は自動車はまだ日本に出現しておりません。

島国で周囲が海で囲まれている日本では当時は大量の荷物を遠距離に運ぶ際は千石船による輸送が重宝されていました。

船頭の重吉と呼ばれる人物も千石船の船頭で、江戸から尾張へ向かって出港したところ途中で暴風雨にあって遭難してしまい、484日にも渡って太平洋を漂流してしまったのです。

484日目にカリフォルニア沖で救出された際に当初14名いた乗組員が重吉を含めてたったの3名しか生存者がいなかったという過酷な漂流でした。

ちなみにこの484日間の漂流というのが漂流の最長記録と言われています。

後に日本に帰国した重吉は漂流記である船長日記を記します。

さてこの番組は過去に3作放映され人気を博しているシリーズで、俳優の池内博之さんが太平洋をヨットで一人芝居をしながら駆け回る漂流アドベンチャーの最新作です。

今回は池内博之さんが重吉の船長日記をたよりにヨットで重吉たちが流された経路をたどって行きます。

もちろん太平洋はいつも穏やかなわけではありません。

高波が押し寄せてくることもあれば暴風雨に曝されることもあります。

撮影は命がけといっても過言ではないほど過酷です。

しかしカメラは自然の偉大さをしっかり捉えています。

自然とは何だろう、人間の生きる力の源は何なのだろうといった疑問の回答がこの映像から見えて来るかもしれません。

池内博之の漂流アドベンチャー4/動画/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でないときは
下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

池内博之の漂流アドベンチャー4/動画/