TVバラエティ倉庫

池内博之の漂流アドベンチャー4 見逃し配信 再放送予定!無料視聴9月14日2019年まとめ

池内博之の漂流アドベンチャー4/見逃し配信/再放送/フル無料視聴9月14日2019年まとめ

 

ということで記事をお伝えします。

2019年9月14日18時からBSプレミアムで『池内博之の漂流アドベンチャー4「漂流484日 船頭重吉の究極サバイバル」』が放送されます

 

当記事では
① 池内博之の漂流アドベンチャー4/第4弾/見逃し配信/再放送/フル無料視聴インターネットサイトの紹介

再放送はNHK公式では記事執筆現在ありませんでしたので
池内博之の漂流アドベンチャー4を見逃した方は
下記リンク(見逃し配信サービスで無料配信しております)

② 視聴者などみんなの感想

についてまとめた記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

池内博之の漂流アドベンチャー4/見逃し配信/再放送/2019年9月14日

池内博之の漂流アドベンチャー4 /2019年9月14日見逃し配信/再放送番組内容

 

今から200年前、嵐に遭って太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉。船はかじも帆柱もなくして操縦不能。飲み水も尽き、食料は積荷の大豆だけ。風と潮流任せの日々に乗組員たちは希望をなくし集団自殺を図る。さらに謎の病気が発生、全員が寝込んでしまう。そんな絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのか?重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記を俳優・池内博之がヨットと一人芝居でたどる。

みどころ

 

漂流した重吉はどうやって生き延びることができたのか?その時の場所に行き肌で体験する企画です。

今から200前なので江戸時代になりますが、食料も困難だったと思います。

船の上では限られた食料しか無いので、生き延びることは難しいです。

484日は一年と半年に及ぶ長い漂流生活です。

乗組員は集団自殺を図り、謎の病に侵されて死に至っています。

どうして重吉だけが助かり、病気にもならなかったのか?不思議でなりません。

誰もいないと不安からうつ状態になってしまうのが人間です。

人間がこれまで生き延びてこれたのは、共同で生活していたことが大きいです。

食べるものでは、臭いものが免疫力をあげて身体を丈夫にして長生きできると言われています。

限られたスペースで生きることは、非常に困難を極めて生きる希望を失います。

それでも生きることを選択したのは、きっと誰かが助けに来てくれることを信じていたからかもしれません。

生きるには、まず知恵を使い、明日がある事を信じることです。

重吉の想いは、その人しか分かりませんが、きっと何とかなるさの気持ちがあった気がします。

ここにずっと住むわけにはいかない環境で、見つけ出したものとは何だったのでしょう。

 

池内博之の漂流アドベンチャー4 キャスト

 

出演
池内博之,

語り
武内陶子

『池内博之』さんですが昔からかなりのイケメン俳優さんでしたが最近は大人の男らしいとても色気のある俳優さんに変化していてカッコいいだけではなく柔らかさも色気も持ち合わせているような池内博之さんですがアラフォーになっても目力の強さと整った顔立ちは若い頃と全く変わらずむしろ男らしさが加わってよりカッコよく進化しながら役柄に合わせて自分の雰囲気を変えていくスタイルが魅力の俳優さんだと思います。

若い頃からかなりのイケメンでほぼ坊主頭に近いくらい髪の毛は短髪なのに全く違和感なく超短髪によって顔だちのカッコよさが引き立ってしまうのは元々顔の作りが整っているからとしか言いようがなくアラフォーになった現在は色気も交じり昔よりもかっこいいとすら思えるくらいの魅力を醸し出しています。

超イケメン俳優でありながらイケメン男性の役だけではなくシリアスな役、コミカルな役、悪役など全て演技力によって違和感なく演じ切ってしまうのはベテランだからこそできる演技なのでしょうがドラマでも映画でもCMでも池内博之さんが演じている役を見て違和感を感じたことがありません。

最近出演されているCMではコミカルな役も演じていますが大人になってもコミカルな役を自分のように演じてしまうところも池内博之さんの素敵な部分だと思います。

池内博之の漂流アドベンチャー4/見逃し配信/再放送/みんなの感想まとめ

タイトルにまずは惹かれる

漂流アドベンチャーと、漂流484日とかは引きつけられますね。

池内博之もなかなかリスキーなことしてるなぁと思いましたが漂流アドベンチャー4とあるんで4回目かと思うと本物の海好きなんだなと思いました。

どんな海の旅なのか楽しみです。江戸時代後期、太平洋を484日漂流し故郷に生還した千石船の船頭・重吉が辿った道を探るというのが興味深いです。

江戸時代後期といえば今から200年前くらいになるんでその時代にどの程度の船だったのかが気になります。

船がある程度整備されていたとしても食料が484日もその時代を含めても足りるわけ無いし考えられないですね生きて帰ってるのが。

船はかじも帆柱もなくして操縦不能ってあるんでそれほど良い船ではやはりなかったかなと。

飲み水も尽きて食料は積荷の大豆だけとありますがどうやって生き残れたのか不思議でしかない内容ですね。

風と潮流任せで乗組員は集団自殺とありますが大体が何人位で目的はなんだったかも気になります。

目的次第では食料もそんなに積んで無いだろうし、空腹、喉の渇き、絶望感など体力的にも精神的にも厳しすぎる状況を乗り越えること事態が奇跡。

謎の病気すら乗り越えた真実を知りたいです。

あらすじ

 

あらすじは今から200年前、嵐に遭って太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉。

船はかじも帆柱もなくして操縦不能。飲み水も尽き、食料は積荷の大豆だけ。

風と潮流任せの日々に乗組員たちは希望をなくし集団自殺を図る。さらに謎の病気が発生、全員が寝込んでしまう。

そんな絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのか?重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記だそうです、今の時代でこそ海を渡るというのは船を使わなくても飛行機で軽く行けます。

船に乗ったとしても気象衛星を使えば、天候の状況が分る。

さらには水の語りばかりの洋上のど真ん中でも現在位置を掴むことができ安心感があります。

この時代の方々を現在で体験するとなるとやはり宇宙でしょうかね。

私達にとって当たり前の時代出なかった時の苦しいお話。

どのようなきっかけで太平洋を横断したかは不明ですが、海水は塩水のために飲み水として使用できない。

どのようにやり過ごしていったか、この時代の方の苦労さを知ることも何もかも便利になってしまった私達現代人にとって必要なことなのかもしれません

視聴者の評価など

演技に注目

池内博之の漂流アドベンチャー4は、重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記を一人芝居で池内博之さんが演じるということなので、どんな芝居になるのかが楽しみだなと思いました。

船旅の途中に嵐に遭ってしまい、太平洋を484日も漂流したということだけど、1年以上もどうやって海の上で生きながらえたのか、その生きる力や知恵を知りたいなと思いました。

食料は魚をとって食いつないでいたのかもしれないけど、飲み水はどうしたんだろうかと不思議です。海水しかないだろうし、どうやって水分を取っていたのかが気になります。

また、もうどうしようもないと感じで船員みんなで集団自殺をしようとまで考えるほど追い詰められてしまうそうなので、そのシーンを池内博之さんが一人でどんなふうに演じるのかが見どころだなと感じました。

生命の危機にさらされている状況だと、正常な判断ができなかったり他人の気持ちが考えられなかったりすると思うので、どんなふうに人物を演じ分けるのかが楽しみです。また、船員が弱ったり病気にかかったりしていく中で、重吉がなにを思うのかも注目ポイントだと思います。

過酷な中でも絶対に生きて帰ると重吉に思わせたものは一体なんなのだろうかと楽しみです。

俳優の池内博之さんが実際にヨットで太平洋を航海しながら、過去の航海家の事績をたどってゆくシリーズ番組。今回は、200年前の江戸時代、嵐に遭って太平洋を484日も漂流した千石船の船頭・重吉の事績をたどるとのこと。

この重吉とは、小栗重吉という人物で、尾張から江戸へ向かう途中に遠州灘で嵐に巻き込まれて遭難しました。その後、太平洋を漂流し続けること484日。

たまたま通りかかったイギリスの商船に救助された場所は、何とアメリカのカリフォルニア州の沖合でした。

ほとんど太平洋を横断していたことになります。

操縦不能となって、ただ漂い続ける船の中で1年以上を過ごした小栗重吉と仲間たち。

その過酷な日々の様子は、後に日本に帰国した後の聞き取り調査による口述筆記で『船長日記(ふなおさにっき)』として詳細にまとめられています。

まさに極限のサバイバル状況下で、どのように生き抜いたかは非常に興味深いところですし、船長日記の内容を再現して紹介してくれるならとてもありがたい番組ですね

。これは必見と言えるでしょう。

広がる広大な海を縦横無尽に冒険するこの企画はとても面白そうだと感じます。

気分は秘密の地図を見て古代に眠る財宝を探しだすトレジャーハンターではないでしょうか。

自分はもちろん200年前に生まれていなかったし広大な太平洋を484日も漂流した船があったなんてとても驚きですしどれほど過酷な状況だったのかとても気になります。

重吉の体験を記した漂流記・船長日記を元に俳優の池内博之さんがどういった立ち回りをするのか楽しみですね。

海図に載っているのに誰にも見つけられない幻の宝島を本当に見つけることができるのだろうか?池内博之さんの冒険の結末はどのような結果で幕を閉じるのか?非常に気になるところです。

自分はアドベンチャー系の企画番組が大好物ですのでいったん見だしたら、食い入るように見ること間違いなしですね。

番組の尺も1時間30分と自分にとっては丁度いい感じです。

自分は俳優の池内博之さんのことをよく知らないだけに池内博之さんの人物像や魅力を知るいい機会だと感じます。

高画質のテレビで自分も池内博之さんと一緒に冒険をしているかのような臨場感を味わいたいですね。

まとめ

池内博之さんのイメージと言えば、坊主頭でしたが、最近窪塚洋介さんと共演されているCMではすっかり大人の男性になられて、坊主頭でもなくなっていて驚きました。

窪塚洋介さんとはドラマ「GTO」で共演されていましたが、何だか懐かしく、当時を思い出しました。

相変わらず顔が濃くて、イケメンで、年齢を感じさせない爽やかな感じが素敵です。制服姿が印象的なGTOからもう何十年と経ちますが、当時とあまり変わらぬ容姿に、うらやましくもあります。

池内博之さんの出演映画で「ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ」がありましたが、熱心な水族館の職員役で、ぴったりの役でした。

熱い男を演じると、日本一ではないかと思います。ドラマではやはり「GTO」が印象的です。

坊主頭のイケメン俳優さんは当時いなかったので、かなりの衝撃で、坊主でもイケメンがいるんだ!と新たなはっけんをさせてくれた俳優さんです。

長身で演技もできて、映画やドラマに多数出演されている池内博之さんは、40代になってこれからもどんどん活躍の場を広げるのだろうと感じさせてくれます。

日本だけに限らず、これからはどんどんアジアや世界に向けて活躍の場を広げて行って頑張ってほしいと思います。

やはりGTOというイメージを持っている人もかなり多くいると思うのです。その後は国内の作品のみならず、中国や香港出も俳優活動を続けているというのが池内博之の特徴なのですが、彼の魅力はそういった経歴の部分でも見出せるものの、やはり歳をとっても衰えない肉体にあると思うのです。

若い頃と比べるとどうしても体型に変化が出てくる人が多いですが、彼の場合には若い頃よりも引き締まった肉体をしており、筋肉量も明らかに増えているのです。

ダウンタウンの松本人志さんのように若い頃よりも歳をとってからマッチョになったようなタイプかもしれませんが、ボディビルダーまではいかないものの、常人と比べたらかなりマッチョな体型で、驚く人もいると思います。

歳をとって太るどころか、若い頃よりも魅力的な身体になっているように見えるわけです。したがって、肉体に関しては非常に若々しい状況ということで、そういった面は作品で見られる機会があるかもしれませんが、池内博之さんの魅力と言えると思います。

池内博之の漂流アドベンチャー4/見逃し配信/再放送/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でないときは
下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

池内博之の漂流アドベンチャー4/見逃し配信/再放送/