ドラマ

盤上の向日葵 2話 動画 2話再放送2話ドラマ無料視聴!見逃し配信/9月15日

盤上の向日葵/2話(動画)2話再放送2話無料視聴!見逃し配信/9月15日

ということで記事をお伝えします。

 

2019年9月15日22時からBSプレミアムで『プレミアムドラマ 盤上の向日葵(2)「鬼殺しの弟子」』が放送されます

 

当記事では、盤上の向日葵(ひまわり)のドラマ見逃し配信/再放送配信の無料視聴できるサイト及び盤上の向日葵の見逃した配信/再放送視聴インターネットサイトの紹介やみんなの感想などをまとめ記事です。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盤上の向日葵/動画2話

盤上の向日葵 第2話動画/2019年9月15日番組内容

 

異端の棋士・上条桂介(千葉雄大)は昭和55年、大学生だったが、将棋道場で「鬼殺しのジュウケイ」として知られる賭け将棋の真剣師・東明重慶(竹中直人)と運命的に出会い、東北の真剣師と真剣勝負する旅打ちに同行した。平成6年、上条はかつて訪れた遠野で竜昇戦第三局に挑む。一方、遺体とともに埋められた名駒の所有者を探す石破(大友康平)と佐野は、大阪の不動産屋が諏訪の元教師に初代菊水月作の駒を売った情報を得る。

 

 

盤上の向日葵 キャスト

 

千葉雄大,柄本明,竹中直人,蓮佛美沙子,大友康平,檀ふみ,渋川清彦,渡辺哲,堀部圭亮,田山涼成

千葉雄太さんは、優しく少しふわっとした感じではあるが、最近は存在感が増してきた男優さんです。

2013年のSUMMER NUDEで、マイナーな恋人同士の男女役だったが、妙に目立つ役どころであったことを覚えている。2014年の水球ヤンキースでは、カス校の水球部のバカトリオでバカばっかりしていたが、段々強くなって行く中で、真面目に取り組む姿が印象的でした。A

KB渡辺麻友が初主演した2015年の戦う!書店ガールで見た印象は、勤める書店の店長を務める稲森いずみのことが好きで、書店つぶさないように奮闘する優しく勇ましい姿が良かったです。2016年の家売るオンナでは、おばさまキラーのやり手の営業マンだが、ちょっと毒舌というコミカルな役にも挑戦し演技の幅を広げています。

また、同じドラマに、イモトも仕事を全くしない同僚として出ていて、千葉雄太さん演じる足立を王子と崇めまとまりつく姿に嫌がる顔ができたので、こんな演技もできるのだと当時思いました。

みんなの感想

感想

 

将棋は藤井蒼汰さんの出現でとっても注目を浴びています。

おかげで、将棋のことを全く知らなかった私も練成会とか名人戦、棋聖などという言葉を見聞きするようになりました。

テレビで拝見する棋士さんたちはみんな頭も人柄も良さそうな感じがするのですが、実際はどうなんでしょうか?プロの棋士さんたちは本当に将棋だけで食べていけるんでしょうか?

将棋について知りたいことがたくさんあり、そういう意味でもこのドラマに興味がわきます。

千葉雄大さんは過酷な運命を背負って棋士の頂点を目指す役らしいけど、あのおっとりしたかわいい顔で屈折した訳ありの青年をどう演じるのか楽しみです。

柄本明さんや竹中直人さんなど芸達者な方たちとの絡みの中で、雄大さんの新しい一面が見られることを期待します。

初回に山寺宏一さんがワイドショーの司会者、加藤一二三さんが将棋の解説者役で登場するそうですが、将棋がわからない人にも分かりやすく解説してほしいです。

まぁ、山寺さんとひふみんだったら見ているだけでも飽きないとは思いますが。

タイトルの「盤上の向日葵」はそのまま、雄大さんを比喩しているだけでなく、サスペンス仕立てで進行するドラマの謎解きのカギを表しているのではないかと予想しています。

プロになるには

皆さんはどうすれば将棋のプロ棋士になれるかご存知ですか?もちろん将棋が強くなければなりませんが、強いだけではプロ棋士にはなれません。

一般に将棋のプロ棋士になりたい場合はまず奨励会というプロ棋士養成機関に所属し、そこで所定の成績を収めた者だけがプロ棋士となれるシステムになっています。

では必ず奨励会に入らなければプロ棋士になれないのかというとそうではなく、プロ編入試験を受験する道もあります。

ただプロ編入試験は並の強さでは受験資格すら得られない程のレベルなのだそうで今までほんの数人しか合格者はいないそうです。このドラマの主人公上条桂介は貧しかった少年時代にゴミ置場に捨てられていた将棋雑誌を手にしたことから将棋に熱中します。

どんどん将棋の腕を上げた上条は当然プロになることを希望しますが、鬼殺しと呼ばれる伝説の真剣師に出会ってしまったことで運命が大きく変えられてしまいました。

学校を卒業した上条は一旦実業界に身を置くのですが、将棋への未練を捨てきれずプロ編入試験を受験するに至ったという異色の経歴の持主です。

平成6年のこと、タイトルを6冠も保持する強豪壬生に上条が挑戦するタイトル戦が実施されている正にその時、埼玉の山中では白骨遺体が発見されていました。

ただちに警察が駆けつけ捜査が開始されますが遺体の身元を確認する手がかりは遺体の傍らに埋められていた将棋の駒だけでした。この駒のことを調べて見ると初代・菊水月作の名駒と呼ばれるものだとわかり、刑事たちはこの駒をたよりに事件を追うことになります。

果たしてプロ棋士上条と白骨遺体事件はどう関わっているのでしょうか?そして白骨遺体は一体誰なのでしょうか?物語が進むにつれ謎は解き明かされて行きます。

このドラマは将棋界という非常に特殊な世界が舞台になっていますが、将棋のルールを知らない人や将棋に全く興味のない人でも十分に楽しめるドラマになっています。刑事ドラマにありがちな派手なアクションこそありませんが、主演の千葉雄大さんの「表面的には静かながら、中には何かうごめくものをすごく感じます」というコメントがこのドラマの本質を見事に言い現しています。

まとめ

 

タイトルからは内容がイメージ付かなかったけれども、記事を読んで、盤上というのが将棋なこと、穏やかなイメージの将棋が殺人事件につながるという意外性に興味を持った。将棋をテーマにしたドラマは観たことがないので、あまり動きがない将棋をどんなドラマにするのかが不思議に思えてみたくなってきた。

そして、ミステリーの説明について。幼少期の話、貧乏だったのであまりお金がかからない将棋に魅せられたというのはうまくつながっているなあと感じた。

そして、先生の元、将棋にはまっていったというのもよくわかる。

ただ、竹中直人とのがどんな存在なのが、何をしている人なのかの説明がなく興味をそそられた。この人と出会うことで何がはじまるのか、何が起きるのか、どんな人なのか、というところが気になるので観てみたいかなと思った。

そして、最近おきた事件と主役のつながりもわからないので、意外な主人公とどうつながっていくのか、興味がある

盤上の向日葵動画第2話youtube

 

リーチサイトと聞くと、なんとなく見逃してしまった番組を見返すことができるし、録画しなくても視聴できるから楽だと思います。

でも、リーチサイトにアクセスしたりするとやっぱり危険なんじゃないかなとおいう風に感じます。

リーチサイトのリンク先の動画を見るとしても、その動画にアクセスするときにメールアドレスなどの個人情報を盗まれるようなことがあるからあまり触りたくないです。

動画サイトの中には、怪しいサイトもありますのでアクセスするだけでも結構リスクなものもあれば、健全なサイトであっても広告料で違法アップローダーの人にお金が入ったりしますから、それが悪いことに使われるという危険性もあります。

場合によっては、別の違法サイトに誘導するためにタイトルをそれっぽい感じに偽装して、リンクは別のサイトにアクセスするように仕向けているようなこともあります。

コンピューターウイルスにやられたり、怪しいメールが何通も着たりと、さらなる悪影響が懸念されます。

ですので、基本的にはリーチサイトには近づかないようにしています。

違法動画を見続けていると、権利者の方に正当な利益がいかない懸念もありますので、そういった観点からも、違法動画のリンクを張っているところには近づきたくはないです。

 

盤上の向日葵ドラマ動画2話無料 【dailymotion】 【pandora】

 

今までの社会は、新聞や本、または人と話すことコミュニケーションを取ることによって情報を得てきました。

しかし、今は良い情報も悪い情報、本当の情報も嘘の情報もインターネットで検索すればすぐに出てくるようになりました。

そのことによりいくらでも情報を得ることができるようになり便利になりました。

しかし、その反面で負の産物もできました。

その最たるものが、違法動画です。違法動画により、個人も法人も損害を受けます。

個人のプライベートの映像がアップロードされ、プライバシーを侵され精神的な苦痛を受けることは今では珍しくなく、友人等と写真や動画などを取ることもすべて信用してよいのかと思ってしまう程の警戒心を持つほどです。

経済的な被害も莫大です。

今までは、有料で漫画やアニメ・ドラマなどを見ていたのに全て無料で見れてしまう。無料で全てが手に入るので買う事がばかばかしく思ってしまいます。

一人の金額では大したことがなくても何億人もの人が同じことを行うだけでどれほどの経済被害があるかわかりせん。2019年4月にはアニメ動画を違法公開していた男が逮捕されましたが、その事件だけでも18億円の被害と報じられました。

また、経済的な被害だけにはとどまらず人間の精神にも気づかぬ間に依存性や想像力の欠如など、深く爪痕を残していると思われます。

罪悪感を感じないほどに情報があふれてしまっている為、悪気がなく見てしまっている人がほとんどだと思われます。

そのようにして神経が麻痺し、便利な事が当たり前になりすぎて、少し不便なことさえも耐えられなくなってしまう精神力の乏しさを作っていっていると思います。

以上のような被害をもたらす違法動画を扱う業者やサイトなどは、今以上に取り締まり罪も重くするべきだと思います。

 

総評

 

タイトルから、将棋のドラマかな?と思ってあらすじを見たらミステリーで驚きました。主演を今大人気の俳優さんが務めるのはドラマを見たくなるポイントになると思います。また、話数が少なめで、忙しくても見やすいとも思いました。連続での放送なので、1週間ごとのドラマよりもわかりやすく、話に入りやすいと思います。あらすじから主人公の過去について想像を膨らませる事が出来、視聴を楽しみにさせる書き方だと思います。貧しいながらも、師と出会えたことで、温かい将棋の支援を受けて奨励会を経ず実業会から転身してプロになったのは、異端とは思われてもすごいと思います。ここだけ見ると、棋士の心温まるサクセスストーリーに思えますが、あらすじ冒頭から白骨遺体が発見されたという文章と、伝説の真剣師と出会い、運命の歯車が大きく回り始めるという文章からとても不穏な雰囲気を感じます。ここがミステリーを感じさせて、ただのミステリーだけではなく、短いあらすじの中で、主人公の貧しい時代にも触れて、他の登場人物の紹介もしっかりされていて、ヒューマンミステリーとのことで、人間模様の描き方を少ない話数と時間で描ききるのは大変だと思いますが、どのような展開になるのか期待出来ると思います。

埼玉の山中で白骨遺体が見つかり、そこから埋められていた菊水月作の名駒が見つかり所有者を探し始めたベテラン刑事の石破と、奨励会を退会して警察官になったという女性刑事の佐野という物語の流れをを見て、この白骨遺体が誰で、どういった経緯で埋められていたのか?発見された駒から物語がどう展開していくのか?等々が面白そうだなと感じました。奨励会を退会したという佐野が駒を手がかりに真相に近づいていきそうだなと予想されますが、かなり奥深い話が隠されていて、見応えが有りそうだなとも感じました。一方、奨励会を経ずに実業界からプロ棋士となった上条圭介が、タイトル6冠を持つ壬生芳樹と竜昇戦に挑んでいる最中に、自身の故郷の諏訪での幼少期の事を思い出しながら語られる内容も、この白骨遺体の件にどう繋がっていくのかにも注目したいなと思いました。昭和47年の貧困の日々や、元教師の唐沢との関わりがどの様なモノだったのかや、鬼殺しという異名を持つ伝説の真剣師の東明重慶と出会い、どう運命が変わっていったのかも興味深いなと感じました。真剣師というプロにならずに賭け将棋で生計を立てていた人達の生き様も同時に見られたら、より面白いなと思いました。そんな点が面白そうなポイントだなと感じられました。

盤上の向日葵ドラマフル見逃し配信/再放送無料 youtube【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)などでほんぺんがみれないときは
下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盤上の向日葵ドラマ動画2話フル見逃し配信/再放送無料