映画無料ホームシアター

臨場 見逃し配信/劇場版/映画/テレビ放送/日曜プライム1月26日動画配信/無料視聴/ 2020年

臨場見逃し配信/劇場版/映画/テレビ放送/日曜プライム1月26日動画配信/無料視聴/ 2020年

 

2020年1月26日21時からテレビ朝日で『臨場 劇場版』が放送されます

 
臨場 劇場版/見逃した方や無料視聴/日曜プライム1月26日2020年見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

臨場 劇場版/動画/配信/フル/映画/無料視聴
 

臨場 劇場版/見逃し配信フル/映画/無料視聴 /番組内容

 

人気ドラマシリーズの集大成!型破りな検視官・倉石義男(内野聖陽)が物言わぬ死者の声を聞き、事件の真相に迫る!執念の捜査が導き出した衝撃の真実とは…。
◇番組内容
都内で無差別殺傷事件が発生するが、実行犯は無罪となる。その2年後、事件を無罪に導いた弁護士と精神科医が相次いで殺害される。殺傷事件の被害者遺族に疑いの目が向けられるなか、犯人は別にいると考える検視官・倉石(内野聖陽)。やがて、誰も想像しなかった衝撃の真実が明らかになっていく…。

 

臨場 劇場版 キャスト

 

内野聖陽、松下由樹、渡辺大、平山浩行、高嶋政伸 段田安則、若村麻由美、柄本佑、平田満、長塚京三

 

臨場 劇場版/見逃し配信フル/映画/無料視聴ストーリー性

 

「臨場 劇場版」がついに地上波で放映されるということで、とても楽しみです。

連続ドラマで放送されていた時から拝見していて、内野聖陽さん演じる検視官の倉石の仕事ぶりというか生きざまに魅せられました。

「お前の人生根こそぎ拾ってやる」と死者に放つ決め台詞が、とても印象的でした。

劇場版では通り魔事件の犯人が精神鑑定によって罰せられることないという始まりから、被害者やその遺族のくやしさや怒りをベースに物語が進んでいくのだと思います。

数年後には、通り魔事件に関わった弁護士と精神科医が殺され、被害者遺族が恨みから殺したと決めつける警察上層部、それが本当ならばただただ切なく悲しいお話です。

救いのない話になってしまいます。しかし、倉石は納得していません。

警察に立ち入るなと止められようが、何をされようが、死者の声を拾い真実を見つけ出すのが検視官・倉石義男なのです。

倉石の執念によって、真実がどこにあるのか、通り魔事件の被害者やその遺族が救われるのか、そして、どのような結末を迎えるのかとても楽しみにしています。

また、「臨場」がこの劇場版で終わってしまうのか、それとも続編があるのかを見極める為にもしっかりと最後まで楽しみたいと思っています。

 

臨場 劇場版/みどころ

 

型破りな検察官という倉石義男(内野聖陽)の役に見とれてしまいそうです。

死者の声を聴くという普通では考えられない設定ですが、なにか霊感があるという設定ではそうしたサスペンス要素もアリではないかと思います。

無差別殺人の実行犯が、その事件に関する裁判で結果無罪となり、さらには、その弁護士や精神科医を勤めた人間が誰かに殺されるという、初めから大それた展開になりますので、こうした臨場感のある人間の感情や思いがうずまいた映画というのはとても楽しみです。

内野さんが、どの様な表現で、こうした複雑な人間の感情を表現するのか、というのは以前より楽しみにしていましたが、それだけでなく、その他のキャストさんたちが、こうした人間の心理をついたサスペンスの中で、人間関係をあらわしていく様子が今から楽しみでなりません。

また、こうした恨みを題材にするが、実は犯人は別にいる、というパターンは、これまでにも多くありましたが、今回の場合良い意味でどの様に視聴者たちの期待を裏切ってくれるのか、という点にも注目したいと思っています。

そして、ストーリーだけでなく、その背景や、人間の欲望という面でも何か面白い展開があるのではと期待してしまいます。
 
臨場というのは、2009年にやっていた連続ドラマで、今回テレビドラマのヒットを受けて映画化された作品です。

バスジャック事件を起こし、そのまま広場にバスを突っ込ませ広場にいた人たちを殺害してしまった犯人ですが、どうやらその後心神喪失患者であると判定されてしまいます。

そのことに対して不満を持っている被害者家族たちなどもいますし、その後さらに事件なども起きて物語は目が離せない展開になっていきます。

実際にこのような事件があり、心身喪失で無罪になってしまった人物もいるみたいなので、その社会はおかしいんじゃないか?と言うような疑問から作られた映画なのではないかと思っています。

やはりそのような形で無罪にすると言う事はおかしいのではないか?と言うような考えを脚本家の人は持っているような気がします。

少年犯罪などに対しても疑問を持っている人がいて、年齢が若いからといって許されるのはおかしいのではないか?と言っている人思います。

それにどこか似ているような気がしますし、やはり法律の観点から見ても見直した方が良いのではないかと言うことなのではないかと思います。

またテレビドラマの頃から応援していた人たちにとっては、相変わらずテレビドラマとしては見ごたえもあり、良い作品だと思いますし、今までは刑事などがよくスポットが当たっていて、今までたくさんの刑事ドラマが世の中では作られてきましたが、鑑識課が主役というのは今までほとんどないと思いますし珍しいと思います。

最後結末はどうなってしまうのかと、最後まで目が離せないような映画になっていると思います。

臨場 劇場版/映画/感想

 

臨場の主人公・倉石は私が好きなドラマのキャラクターの一人です。

相手が上司であろうと部下であろうと自分の方が絶対正しいという信念のもと「(お前の考えは)俺のとは違うなぁ」と真っ向から否定します。

それで軋轢が起こっても全く意に介さず。

最終的には倉石がいつも正しく、事件の真相に誰よりも早くたどり着き解決に導きます。

自分に自信がない時はもちろん、自信があったとしてもそんなことなかなかできるものではありません。

それは「誰よりも自分がその分野では知識と経験がある」と信じているからこそなせることでしょう。

事実、倉石は鑑識にかけては誰よりも勉強していて、その自信を裏付ける圧倒的な知識があるのです。

実際、上司や先輩にそうやっていうか言わないかは別として、仕事において「自分が絶対に正しい」と何があっても信じられるその能力は1社会人として是非見習いたいと思います。

臨場はドラマの場合、1時間の放送なのでどうしてもストーリーのボリュームに物足りなさを覚えます。

その点、劇場版であれば2時間以上ですからしっかりと楽しむことができます。

ドラマはやはり放送時間が長いほどストーリーを深掘りできるので見応えがあります。

今週末は久しぶりに倉石に会いにいきたいと思います。

 
ドラマでやっていた頃からとても臨場はかなり濃密に作られたミステリーだと思っているので、内容もしっかりとしていて伏線もきれいに貼られているので劇場版も見に行きたいなと考えておりました。

ですがあいにく時間が合わず見たい見たいと思っていても行けていなかったのが現実です。

ですので今回テレビでやって下さるとのことでとても楽しみにしております。

全く見たことがない作品ですのできれいにどういった伏線が貼られているのかそしてどのように回収されていくのかと言う工程も録画をして再度改めて見てチェックすることでより楽しんでいければと思っております。

犯人が捕まってそれで一見落着ハッピーエンドそういう風なストーリーではなくてその犯人の裏側だったり、捜査員たちの気持ちだったり感情だったり、そういったものが見ているこちら側にまでまざまざと伝わってくるような俳優さん方の演技は見ていてとてもドラマ版でとても楽しいものがありましたので劇場版にはそれ以上のものを期待したいと思っています。

サスペンスの作品を見るときに1番好きなのは伏線のいかにどうやって活かしてくるかと言うところなので劇場版と言うところにより期待を込めてしっかりとチェックしていきたい作品だと思っております。

まとめ/SNSや違法サイトの、問題

ブログへの個人のツイッター(SNS)無断転載、引用などの問題について書きたいと思います。

ブログは日常の生活のことを書いている人のブログ、仕事用ためのブログ、趣味のブログなど書かれる人によって個人の表現をしているものが多々あり、日記のようなものでも、個人の文章は、本のように著作権を持つようなものと考えてもよいと私は考えています。

そのため、無断転載をしたりすると、された本人を尊重しない行為であり、無断で転載することにより、転載された人を不安にさせたり、転載された人本人を偽るような行為であると私は考えています。

著作権の侵害のような行為であると、罰則などを考えてもよいと考えます。

インターネットでの自己表現は簡単にコピーして、張り付けて、他人を偽ることができます。

しかし、インターネットの普及が早く進みすぎて、インターネットでの侮辱行為や、画像などの転載など、個人が特定されて、事件になるようなものも多くあると思います。

インターネットの普及のスピードに間に合うように、法令がきちんと改定されることを私は願っています。

安心して、ブログやツイッターなどSNSに書き込みができるような日が来るのを期待しています。
 

ツイートは個人が気軽につぶやくもので、誰のために書いているものでもなく、お金稼ぎのために書いているものでもないのに、それを誰かが勝手に引用し、アクセス稼ぎの材料として利用するのは許されないことだと思います。

大量のアクセスがあれば、お金が入るのはツイート主ではなくブログの管理人です。

さらに、その発言自体をブログの管理人が発言したかのようにも捉われかねません。

また、ツイッターでは数々の絵描きが自作の絵をアップロードしていますが、それを無断で転載して、あたかも自分が描いたかのように言い張る人もいるようです。

絵描きたちが何時間もかけて一生懸命描いた努力を、たった数分、数秒で自分のものにし、賞賛される気分というのはどんな気分なのでしょうか。

さらに、ツイートの無断転載、引用で問題だと思うのは、その転載や引用のまとめられ方です。
前後のツイートや流れを無視し、第三者が一部のツイートだけを抜き取って利用すれば、本来の発言者の意思とは相反するようなまとめになる可能性があります。

読む人に誤解が生じたり、まとめた人物にとって都合のいい発言ばかり記事にまとめれば、その記事を読んだ人たちが「これが世間一般の意見なのか」と鵜呑みにしかねません。

臨場 劇場版/動画/フル/youtube/tver(ティーバー・ディーバー)/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

臨場 劇場版/見逃し配信/フル/映画/無料視聴