ドラマ

知らなくていいコト/動画/10話/最終回/3月11日huluスピンオフ/オリジナル/最終話無料視聴/見逃し配信/再放送

知らなくていいコト/動画/10話最終回3月11日huluスピンオフ/オリジナル/最終話無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2020年3月11日22時から日本テレビで『知らなくていいコト#10』が放送されます

 

知らなくていいことを全話フル配信できるサイトですが

下記をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます

 

 

知らなくていいコト動画10話最終回まで見逃し配信

知らなくていいこと/番組内容

30年前、乃十阿(小林薫)が幼い子供をかばって無実の罪を着たと知ったケイト(吉高由里子)は、現在息子が住むドイツに旅立っていた。帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は事件の真相を書くよう迫る。乃十阿の生涯をかけた秘密を暴き、息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイト。しかし、乃十阿の無実を裏付けるような証拠も出てきて…!その夜、尾高(柄本佑)から話があるとスタジオに呼ばれ…!

 

知らなくていいコト キャスト

 

吉高由里子、柄本佑、重岡大毅(ジャニーズWEST)、山内圭哉、佐々木蔵之介、小林薫

 

知らなくていいことhulu 10話/視聴者によるレビューネタバレ

 

最終回目前の段階で乃十阿が無実の可能性

つまりケイトが殺人犯の娘ではない可能性もあるわけで、週刊イースト編集長・岩谷から30年前の事件の真相を書くように指示されるわけですが、果たして乃十阿の無実を証明できるのかがまず見どころですね。

もし乃十阿の無実を晴らすことが出来たら、何も知らずに深層スクープにケイトのことをリークした野中はますます週刊イーストに居られなくなりそうですね。

深層スクープリークの1件で同じ連載班の愛花にも煙たがられましたから。

私としてはそんな野中には週刊イーストを去ってくれたらスッキリして面白そうだなと思っています。

それからもう1つ気になるのが、ケイトと尾高の関係です。

尾高はどうやら離婚する気があるみたいで車には離婚届があったし、最終回予告でケイトにプロポーズしていましたが、やはり奥さんと幼い子供がいるのでそう簡単には離婚に踏み切れないのではないかと予想しています。

現段階で既に2人は不倫関係ですから、それぞれの仕事にも影響が多少なりともあるのではないでしょうか。

とにかくケイトと尾高が自分たちの関係にどうけじめをつけて、それぞれ先へ進むのかこちらにも注目ですね。

最終回の視聴者予想

さて、ドラマないでずーっと描かれ根底にあるテーマであり続けた吉高由里子さん演じる主人公・真壁ケイトの父親・乃十阿徹の犯した殺人事件の真相は、息子をかばったということまではなんとなく明らかになってきたのでしょう。

ただ、最終回にはその先の真相も明らかになりそうな雰囲気で気になるところです。

それはおそらく、このドラマが始まる前の予告編での「 出生の謎と父の秘密に迫る時、そこには人生最大の「知らなくていいコト」が隠されていた」という説明が匂わす通り、殺人事件で父が息子をかばった理由には主人公・真壁ケイトの出生の秘密が関係しているということなのでしょうね。

実はケイトの母だと思ってた人は継母だったとかそういうこともあるのかも知れませんが、ドラマの根幹である知らなくていいコトとはいったい何なのか?

ものすごく気になります。

そして、尾高との関係がどうなるのかももう一つの大事な注目点ですね。

できればエンディングはハッピーエンドとなることを望みますが、果たしてハッピーエンドとなるのか?

最終回の展開に期待したいです。

知らなくていいこと見逃した方へこれまで第10話/までのみんなの感想まとめ

 

CMでスクープ

CMでスクープは私だったという内容が流れていたので、主人公の秘密がなんなのかと気になっていた。

あらすじを読んだところ、お父さんがキアヌリーブスかも?となっていて、衝撃を受けた。

まさかの秘密だった。

もっと深刻なシリアスな秘密かと思っていた。

実は犯罪者と指名手配とか、そういった類の秘密かと思っていたら、まさかのキアヌリーブス。

もしかするとコメディーなのか、全く予想がつかないあらすじにとてもわくわくしている。

吉高由里子がキアヌリーブスの娘には全く見えないし、純日本人の顔なので、どういう展開に持っていくのか気になる。

また今後、キアヌリーブスがこのドラマに出演するのかも、非常に気になる。

もし、日本のドラマにキアヌリーブスが出るなんてことになったら前代未聞だと思う。

可能性は低いかもしれないが、キアヌの出演に期待したい。

設定については1話完結なのがいい。

おそらく1話ずつゲストがちがって、1話完結型で、全体を通してキアヌリーブスの秘密になるのかと思う。

連続する話は個人的には疲れてしまうので、1話完結型が有難い。

吉高由里子が出演するドラマは割と見ていて、ハズレがあまりないので、今回のドラマもきっとおもしろいと思う。

佐々木蔵之介も好きなので楽しみ。

キアヌリーブス

映画翻訳家の仕事をしていた母。

病床の中、母親はケイトの父親はあのキアヌ・リーヴスだと告げるのです。

週刊誌記者をしているケイトは一体どうするのでしょうか?ええーっ!

一体何でしょうこの展開は。

まずキアヌ・リーヴスという実在のスターを日本のテレビドラマに引っぱり出していいの?という疑問が浮かびます。

キアヌと言えば「スピード」はじめ数々のヒット映画に出演した人気俳優ですし、よく許可が出たなあというのが第一印象です。

また、母親は病床で娘に冗談を言ったのか。

それとも本当にケイトはキアヌの隠し子なのか。

映画翻訳家であることで海外スターに会う機会も全くなかったわけではないとか、でも証拠がないとかその辺りを取材される側になったケイトがどう突き進んでいくのかが楽しみです。

ミステリー要素を軸にお仕事ドラマとしても楽しめるのではないかと期待しています。

週刊誌記者のケイトが、ハリウッドスターの子供だった

普段は、話題の人物についてスクープしてきた側のケイトが、自分が、スクープされる側の人物になりどうなってくのか楽しみです。

注目は、一話完結の物語だという所です。

物語が、一話で完結するのは、分かりやすくて良いですね。

ケイトが、父親であるハリウッドスターと会うことが、できるのかも知りたいです。

面白そうな所は、週刊誌の記者の仕事が、分かる所です。

毎月のようにスクープをとり続けなければいけない仕事ですが、どうやってスクープを手にしているのか知りたいです。

ケイトの父親であるハリウッドスターを誰が、演じるのかも興味深いです。

注目は、ケイトの元カレと今カレの存在です。

尾高は、ケイトの事を今でも想っているのか注目ポイントです。

面白そうな所は、週刊誌の雑誌にいろんな班が、ある所です。

ここまで細かく班に分かれて仕事をしているのだなと驚きました。

編集部にいるメンバーもおおいので登場人物をすべて把握するのに気合が、いりますね。

主演の吉高由里子さんは、お仕事系ドラマをよく演じていてどの役柄でもすぐになじんでいるのが、すごいですね。

ケイト親子にかかわっている謎の男性が、キーポイントになりそうです。
吉高由里子さんの飾らない演技が好きなのですが、「新境地で臨む」作品だと紹介されていたので、またこれまでとは一味違った演技が見られることを楽しみにしています。

週刊誌の仕事をテーマとした作品ということで、普段あまり知ることのできない週刊誌・メディア業界の裏側のリアルを見られることはもちろん、漠然とメディア業界に興味を持っているので将来のことを考える一つのきっかけになるのかもしれないと個人的に思っています。

「信じられないスクープは、私自身のことでした」「パパがハリウッドスター?」というキャッチコピーは確かにベタですが、主人公の家族間の話からもっと普遍的な広がりを持つようなものまで繋がると、内容のバランスが取れて視聴者を引きつけてくれるのではないかと期待もしています。

また、個人的にはジャニーズWESTのファンなので、メンバーの重岡大毅くんが主人公・真壁ケイトの彼氏役として出演してくれることをとても嬉しく思っています。

昨年はドラマ4クールに出演し着実に俳優としてのキャリアを積んできている重岡くんが、吉高由里子さんをはじめとした俳優陣の中でどのような輝きを見せてくれるのか、とても期待しています。明

レビューまとめ

主人公の真壁ケイト(吉高由里子)は週刊誌の記者です。

公式サイトも週刊誌の広告のようなデザインになっていて、見ごたえがあります。

このドラマで気になるのは、主人公の出生の秘密です。

真壁ケイトは母親の真壁杏南(秋吉久美子)から、父親がハリウッドの有名俳優だと言われます。

ドラマの情報が出たときから、この有名俳優は誰なのかが気になっていました。

第1話のあらすじを読むと、ある俳優の実名が出ています。

ケイトは本当に、この有名俳優の子どもなのかどうかがすごく気になります。

母親は第1話でいなくなってしまうため、詳しい話を聞くことができません。

ケイトの父親が誰なのか、最終回までにきちんとわかるかどうかが気になります。

また、もし本当にケイトが有名俳優の子どもだとしたら、騒動になるのではないでしょうか。

しかも、よりによってケイトは、週刊誌の記者です。

本来なら、ケイトは記者として、取材対象者を追いかける立場です。

ケイトの出生の秘密が明らかになれば、ケイトは追われる立場になります。

もしケイトが取材対象になったとき、上司や同僚はどんな風になるのかも気になります。

週刊誌の記者が有名人の子どもだったとなれば、他社からの追及もまぬがれないでしょう。

こうなってくるとドラマタイトルの『知らなくていいコト』の意味が気になってきます。

あらすじと人物紹介を読むと、秘密を持っているのはケイトだけではなさそうです。

今まで表に出てこなかった事実が明らかになり、波乱が巻き起こる展開も予測できます。

出生の秘密と向き合う主人公を吉高由里子がどう演じていくのか、楽しみなドラマです。

吉高由里子さん、演技がうまくなっている

週刊誌の敏腕女性記者だそうですが、どうも最近の小気味いい演技(「正義のセ」2018年、「わたし、定時で帰ります。」2019年)よりも、ナチュラルな演技になっているような。

まだ、番組予告編を見ただけなので、それ以上は何とも言えませんが、期待感は高いですね。

30代で活躍できる女優さんって、そのチャーミングさの秘訣が気になりますが、どうも血も涙もないような週刊誌記者ではないようですよ。

大スクープといえば、吉高由里子さんがまだそれほど有名ではなかった時、交通事故に遭って、「死も覚悟したその事故を通して、仕事が無くふてくされていた自分が、いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」と語っているんですね。

その頃の出演作は、19歳で、「蛇にピアス」というヌード有りの映画で。何だか可哀想だなと思ったし、「ふてくされ美人」の印象が強めに残ったのですが、こんな大物女優になるとは。

さて、「人のプライバシーを曝いてお金儲けをして!」なんていう非難をどうかわすのでしょうね。

毎回毎回、事件を用意しているという今作、「ふてくされ美人」が心配だ!!。

ケイトを演じる吉高由里子は、以前のドラマでも、似たような関係を演じていたことがあります。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(2019年4月-6月)でも、主人公の東山結衣(吉高由里子)は今の交際相手と昔の交際相手に挟まれていました。

その時は、現在の交際相手である諏訪巧(中丸雄一)が、過去の交際相手である(種田晃太郎)に対してもやもやするという展開になっていました。

『知らなくていいコト』の第1話予告映像を見ると、ケイトと由一郎が談笑する場面があります。

恋人として関係を解消した後でも、ケイトと由一郎はいい関係にあるということがわかります。

ケイトと由一郎を見ていた春樹が、複雑そうな表情をしていたのが印象的でした。

予告映像にも出てくるということは、主人公を含んだ三角関係が発生するのではないかと思います。

人物紹介を読む限りでは、春樹はケイトとの結婚を考えています。

由一郎は現在は既婚者であり、妻と子どもがいます。

知らなくていいこと動画最終回10話 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記で

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

知らなくていいコト見逃し配信