TVバラエティ倉庫

音が出たら負け/動画/フル無料視聴3月11日youtubeまとめ

音が出たら負け/動画/フル無料視聴3月11日youtubeまとめ
 

2020年3月11日19時から『音が出たら負け!』が放送されます

 

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

音が出たら負け/動画/フル/配信/
 

音が出たら負け! 2020年3月10日/番組内容

 

無音の館の鍵はベル。ベルを鍵穴に置くと桜の扉が開き、宝を奪還することが出来る。図書館と同じ静けさの50デシベル以下の音しかたてられない無音の世界で息を潜ませ、ファイナルステージのクリアを目指せ!!

 

音が出たら負け! 出演者

 

MCバナナマン 出川哲朗、滝沢カレン、城田優、佐藤栞里、武尊、宮崎大輔、横田龍儀、加藤一二三、後藤巧実(四千頭身)、どぶろっく、草薙航基(宮下草薙)、大橋彩香、、ンダホ、末吉9太郎、NMB48(吉田朱里、渋谷凪咲、梅山恋和)、しゅんしゅんクリニックP、池田レイラ(完熟フレッシュ)他 (順不同)

 

音が出たら負け/動画/フル/配信/ストーリー性

 

音が出たら負けは、音を出さないようにして忍び込み、お宝を手に入れる宝探しゲームというところがおもしろそうだなと思いました。

50デシベル以上の音を出してはダメということだけど、これは結構難しいんじゃないかなと思います。

3つのエリアがあり、それぞれ鍵を手に入れて開けなければいけ
ないらしいけど、その鍵を探すために絶対に音が出ちゃうよなと思いました。

しかも、その鍵がベルだというところもおもしろいなと思いました。

ベルを置けばドアは開くようだけど、音を鳴らさないようにベルを運ぶというのは難しそうです。

そろりそろりとみんなが歩く様子もきっとおもしろいだろうなと思います。

さらに、各エリアに設けられているという防音室もおもしろそうだなと思いました。
麒麟が来る9話 動画/9話/3月15日/無料再放送/見逃した配信まとめ
 

放送地域にない方2020年3月15日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(8)「同盟のゆくえ」』が放送されます

 

麒麟が来る 9話動画9話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 9話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)9話/ /番組内容

輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

 

麒麟がくる 第9話キャスト

 

長谷川博己,本木雅弘,染谷将太,門脇麦,川口春奈,伊藤英明,南果歩,片岡愛之助

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画9話みどころ

とうとう信長の元へ帰蝶が嫁いで、これから歴史がどんどん動いていく予感がして面白さも加速していくと思います。そして、歴史上あまり上記されていることはないと思いますが、帰蝶が実家斎藤家の人間から織田家の人間となり、信長と寄り添っていく姿を見ることが出来るのもとても楽しみです。

また、光秀が運命の人である熙子に再会するのも楽しみです。

信長と帰蝶、光秀と熙子の二組の夫婦の始まりが、今後の戦国時代の始まりを告げているようで期待が膨らみます。

個人的には信秀役の高橋克典さんと斎藤道三役の本木雅弘さんがとても良い役を演じているので今後見られなくなる日が来るのは残念ですが、歴史上の話としてはとうとう面白い時代に突入するのだととても期待しています。そして、織田家と今川家が後の徳川家康となる竹千代を奪い合って行く事になり、どんどん役者が揃っていくようでわくわくします。

そんな中、光秀は信長とどのように関わっていくのかがとても、興味深いところです。
頭の回転の早い光秀が、いろいろな大名を相手に対等に渡り合っていく姿を見ることができるのをとても楽しみにしています。

特に一筋縄ではいかない信長との対峙がとても楽しみです。

麒麟が来る動画9話感想

開始早々から光秀と信長の初対面というもしかしたら放送期間の1年を終えた後に、この場面が最も印象に残る場面だったのではないかと思わせてくれるような大きな出来事だったと感じました。

何せこの2人は永遠に語り継がれるほどの歴史上の1ページを刻む訳ですので。光秀の若い頃の足跡が殆ど残っておらずこういう出会い方を実際にしたかどうかはわからないらしいのですが、間違いないつかどこかで出会う2人なので大河でこういう描き方をしていても異論は何もありません。

光秀は信長と知って会いに行っている、一方信長は光秀の事を誰の事か全く知らずに会っていた可能性も大きいので光秀を見た時に単に偶然遭遇したぐらいの気持ちだったのか、この時から既にこの男は何かが違うと光秀に対して特別なものを感じたのか、色々と想像するだけでも楽しくなってきました。

今回はそれほど濃い絡みはありませんでしたので今後のこの2人がどう展開していくのかも楽しみの1つに加わりました。。

もう1つ深く印象に残った事が複雑な恋模様についてです。駒は光秀の事を想い光秀と帰蝶はお互いの事を想っている、しかしそれぞれの恋は物理的な距離は近いながらも叶わぬ恋になっているという何とも切ない、時代劇なのにまるで現代ドラマの恋愛ものを見ているかと錯覚するほどでした。

光秀と帰蝶は織田家と斎藤家との政治的な結婚の為に結ばれることがなかったので、もし庶民同士で生まれていたら結ばれていた可能性は高かったのではと思います。

麒麟が来る第9話動画9話までのネタバレ

 今川義元が好きな人って、いますよね。油断大敵と言えば、義元なのかもしれませんが。桶狭間の戦い(1560年)で、1万5千の大軍をもって、数千の織田信長の軍勢に敗れてしまい、毛利新助なるヒラ侍に首をはねられてしまった大大名。それも、毛利新助は、桶狭間の戦いの後は、目立った活躍はなかったらしいのです。

 その今川義元が「麒麟がくる」に登場。義元の頭上に銅色に輝く麒麟が威光を提供しに現れるという事はないのだと、当時は誰も知らず。駿河遠江の守護職にて、東海道一の弓取りの元祖(まだ少年だった徳川家康が後にいわれる事になる)だった義元。

その軍事力と経済力は、京へ攻め上がる際の通り道(東海道)を睨み据え、萎縮させるに十分!。

 さて、「麒麟がくる」のメイン・明智光秀。義元を怖れ、尾張・織田と組むのはいささか国内不興甚だしく。

ところが、いとこの帰蝶(川口春奈)と仲がいい事をいい事に、織田との同盟を帰蝶に勧めてしまいます。帰蝶が信長の妻となり、信長の振る舞いを帰蝶から聞き、度肝を抜かれ続ける事に。

 これが、義元と組んでいたら、どうなったのか!?。

「麒麟がくる」では、案外優しいところもあると演出している信長像。熱田の庶民に気前良く、獲りたての魚を安売りしています。嵐の前の静けさなのか。それとも!?。室町旧権威派の恨みの描写は、かなりハードコアな形相を用いているNHK。勝者には慎重さを要求しているのでしょうか?。

尾張の熱田で海から帰って来た織田信長を光秀と菊丸は見ていました。

魚をさばいて一切れ1文で町民に売っていました最後に光秀はいらんのかと言われましたが、織田信長を見に来ただけなので無言でした。

信長は魚を全部漁師にあげて帰って行きました。

織田信長を奇妙な男と見た光秀は美濃に帰りました。

帰蝶と駒は話していました当時の光秀の事困った顔をする光秀は斎藤高政に来るのが遅い帰蝶が泣いている時に言われていました。

嫁に行くかもしれないので、信長の事調べてもらった帰蝶は光秀の事が好き駒も光秀の事が好き駒は困る事はないみたいです。

調べれば信長の事分かる事です。

尾張から美濃に帰った光秀は牧と会い話しを聞き光秀の亡き父家を守る消えても山畑はある大事なのはこの里ぞ美濃の事です。

その後帰蝶と会いますが、光秀の口から聞きたい尾張はよい所か、美濃には海が無い行ってみるか、行かれればよろしいかと帰蝶は尾張に行く事を決めます。

道三と光安は光秀が帰蝶を尾張に行くように言ったのを喜んでます。

斎藤高政に呼ばれた光秀は行きましたが、帰蝶が尾張に行く事は反対しています。

光秀が引き止めればよかったしなかったので、裏切ったから切ると言っていましたが、美濃の守護土岐に会いに行きます。

熱田が栄えていたのを報告して他国と物質のやり取りを繰り返す織田と戦っている美濃で出来ればそれはそれでよいです。

尾張との和議が進めば斎藤家と織田家が同盟する事になる尾張にも守護がいますので斎藤道三は決めてしまいました。

高政は立場が弱くなる斎藤道三の側室深芳野は父に立ち向かうのはよしなさいじっと我慢をしてたらいいみたいです。

父の話あれが誠の事だと思えばよい。

明智邸傷がよくなった光秀は明日京に帰る駒の話を聞きます。

踊る駒は終わった後に一人で月見に行きますが、光秀も行きました。

明智家の家紋の入った扇子宝物にします。

駒はお手玉をしに行きました。

京に帰る駒を送って行く光秀の気持ちを聞きましたが、私と帰蝶の事二人しかいないので聞きました。

手放したくなかった帰蝶こらえていた駒やっぱりここでお別れ有難うございました。

峠の入口まで送って行った光秀は手放したくなかった帰蝶でしたが、尾張の織田信長に嫁入りを慌ただしくしました。

那古野城にいない織田信長を笑っていた帰蝶でした。

斎藤家と織田家が同盟を組んだことを知った今川義元は織田に奪われた城を取り返す戦を初めようと松平に今川が手を貸す織田と戦するみたいです。

今川義元の所にいる松平は尾張にいる竹千代(後の徳川家康)で危険になります。

紀行:名古屋城は西の守りを固める為に徳川家康が作りました。

那古野城跡那古野神社那古野城を拠点に今川義元と戦しました。

激しい戦になり那古野神社が建てられました。

おおうつけ者織田信長の始まりです。

まとめ

何と言っても、若き信長がどんな人物として描かれているのか、
そして染谷将太さんがどう演じるのかが楽しみです。

通説では、この頃の信長は「うつけ殿」と陰口をたたかれる馬鹿殿とされています。
その辺りの悪ガキのような服装で柿などを食い散らかしながら、
取り巻きの小姓たちと徒党を組んで行儀悪く城下を歩くなど、
領主の若殿にあるまじき破天荒な人だと伝わっています。

さて「麒麟がくる」では、そんな信長像がどのように変わっているのか。

はたまたやはり通説通りの「うつけ殿」となっいるのか、興味は尽きません。

染谷将太さんの信長について、私が持った第一印象では少々可愛過ぎます。

信長がもっと灰汁が強くあって欲しい。しかしそれも染谷さんの演技をじっくり見てのお楽しみとします。

またもう一つ、あらすじのよると、父・信秀にも母・土田御前にも信長は愛されていないとなっていますが、
通説では母は嫡男の信長より次男を愛していたのはその通りですが、
父は信長を理解していたことになっています。

だから「うつけ」で名高い信長を、多くある周囲の反対を押し切って跡継ぎにしたそうです。
大河ドラマでは、この辺りの人間関係がどのように描かれているのかにも興味をそそられます。

道三をして「我が息子達は、将来あの信長の下に馬を繋ぐことになる」と言わしめた、
有名な道三と信長の初対面の場面はあるのでしょうか。
できることなら映像で見てみたいものです。

 

麒麟が来る動画9話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 9話/無料視聴フル