ドラマ

スカーレット 第137話/動画137話/3月13日23週無料視聴/金曜日/再放送見逃し配信

スカーレット 第137話動画 /3月13日23週無料視聴/金曜日/再放送見逃し配信

スカーレット動画(金曜日)137話 / 3月13日ネタバレや感想と見逃し配信視聴方法につきましては

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

スカーレット朝ドラ動画137話 3月13日
 

スカーレット/動画137話 /3月13日youtube/NHK公式あらすじ

 

喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)に武志(伊藤健太郎)の病気を明かす。一方、武志は飲み会で酔っ払い、真奈(松田るか)と二人きりに。やがて武志の入院が始まり…

番組内容
武志(伊藤健太郎)の病気を直子(桜庭ななみ)らに明かし、ドナー検査のお願いする喜美子(戸田恵梨香)。遅れてきた八郎(松下洸平)にも告げると、動揺して強い衝撃を受ける。一方、自棄になった武志は友人らとの飲み会で酔っ払い、残った真奈(松田るか)と二人きりに。武志の入院生活が始まる。喜美子も付き添いドナー検査を受ける。武志には内緒で八郎も病院を訪れ、大崎医師(稲垣吾郎)と面会。治療に挑む武志は決意して…

スカーレット/137話 動画/3月13日 キャスト

 

戸田恵梨香,松下洸平,伊藤健太郎,林遣都,稲垣吾郎,松田るか,早織,

 

スカーレット137話 動画の3月13日感想

 
武志の白血病が分かり今週は毎日胸が締め付けられます。

せっかく陶芸家を目指し、好意を寄せてる女性も現れてるというのに、武志のこれからが本当に心配です。

特に今日は武志の様子を気にする貴美子が大崎先生と電話で話すシーンが印象的でした。

患者さんは誰でも気持ちが揺れる、さっき元気にしていても今は落ち込むそれを繰り返すというような大崎先生のセリフは重かったです。

自分が告知されたら気持ちはジェットコースターなみに振れまくるだろうって思うからです。先生の言葉に貴美子が落ち着きを取り戻せるのもすごいです。

私では支える覚悟ができる気がしません。

やはり陶芸家として一人で生きてきているからできるのだと思いました。

それでも姉妹に武志の病気を打ち明け、骨髄移植のことを話さなければならなかった貴美子も本当に辛かったと思います。

病気は本人も辛いけど家族も本当に辛いものなのだと改めて思いました。

入選祝になるかと思った集まりがこんな風になるなんて姉妹にとってもすごいショックだったのが帰りのシーンにでていました。

二人も帰り、やっと登場した八郎さん。

この状況を一人で頑張ってきた貴美子が明日どんな風にハチさんに伝えるのか気になります。

八郎さんが貴美子のことをしっかり支えてくれることを願っています。

 

スカーレット137話 動画の3月13日ネタバレ

 

武志の病気は骨髄移植をしないと治らないため、周囲の人間に病名を告知して協力を仰ぎたい喜美子の気持ちが伝わってきました。

しかし、武志の皆には知られたくないから言わないでほしい、という気持ちも理解できました。
喜美子の意見を優先させたほうが病気を治すには必要なことだと思いますが、誰にも知られたくない、病人としての扱いを受けたくない、病気を受け入れるのが怖いという気持ちからくるであろう武志の気持ちも共感できました。

次世代展に落選してしまった武志は友人とヤケ酒をしてしまうシーンは、今日は喜美子に家でご飯食べようと言われていたのに、とヤキモキしました。

武志を家で待っている時に、大崎先生に電話した喜美子に先生がかけた言葉が印象的でした。

「患者さんは揺らぐことがある。

だから僕は揺るがない強さをを持つことにしました」といった感じのことを言い、その言葉で喜美子も自分の揺るがない強さを思い出しました。
この大崎先生は本当に優しく患者思いで、こんな先生が主治医なら安心できるだろうなと思います。

そして、武志が来ないと分かった喜美子は妹の直子と百合子に武志の病気のことを伝えました。

二人とも骨髄ドナー適合の検査をしてくれるとのことで、家族の絆の強さを感じました。
そして二人が帰ったあとに遅れてやってきた八郎。

いつ八郎に病気を伝えるのだろうとずっと気になっていたので、やっと明日伝えるのだと思います。

八郎がどう受け止めるのか明日も注目しています。
 

 

まとめ

 
親族にも病気のことを打ち明けることに

喜美子(戸田恵梨香)は親族を集めた場では武志(伊藤健太郎)の病気のことを打ち明けようと思うようですが、武志はそれを拒否。

自分の病気のことを知られて、気を使われたり、悲しい気持ちで接してこられることになるのは辛いでしょうね。

そこで喜美子は武志の主治医の大崎先生(稲垣吾郎)に電話。相談するとある助言をしてくれるそう。

先生も忙しい身でしょうけど、こうして患者さんの家族と丁寧に向き合ってくれるのが本当にありがたいですね。

ほっとけないとプライベートな時間にも関わらず様子を見に来てくれたり、主治医となるのがこの先生だったことは幸運ですよね。

次世代展の発表のある日といっても、それどころではなくなってしまいますね。

武志は受賞をしているのか、お祝いはできるのか。

そしてその場で皆に打ち明けられることになるのかどうか。

皆が集まっても武志はやって来ないみたいで…。

自分の話を打ち明けられる場にいることがたえられないのかもしれませんね。

検査入院となれば休むことになるわけから病名までは隠しても、窯業研究所にも入院することは伝えないわけにはいきませんよね。

武志のことを掛井先生(尾上寛之)が励ましてくれるということですが、武志は信頼してついてきた先生にだけは自分の病名を伝えたりはするのでしょうか。

先生の言葉も武志の入院やこれからの闘病の励みとなることがあるかもしれませんね。

武志の京都で過ごした時間

武志(伊藤健太郎)が京都に行った事を良かったと振り替えっていましたね。

喜美子(戸田恵梨香)も信楽を出て大阪に行って世界が広がりましたよね。

出会いや仕事から沢山の事を学んで成長しましたもんね。

武志も自分の境遇に似た人もみてきて、冷静に両親の事を考えられるようになったんですね。

親が有名な芸術家の人、親が離婚している人、自分だけじゃないのも知れたのも良かったんですね。

大好きな父のことを、何も知らない人達が好き勝手噂話で話しているのが聞こえるのはどんなに辛かったでしょう。

京都で4年間、色んな人が集まる大学で武志が過ごした時間は武志の心に刺激を与えただけでなく、考える時間もできたり、心の余裕も持てるようにもなったんですね。

親だけでは子供にさせられない成長がそこにはあったんですよね。

掛井先生(尾上寛之)との出会いも大きかったのでしょうし。

普通でいられる素晴らしい先生だったわけですね。

お父ちゃんとお母ちゃんのことを冷静に分析出来ている武志、大人ですね。

喜美子も武志がそんな風に考えたり気がつけることを知りましたが、京都にもし行ってなかったらこういうことも言わない、触れられないままだったのかもしれませんね。

時間のおかげと武志は言っていたけど、やはり新しい家族の形は武志がつないだものですよね。
スカーレット137話 (動画) 137話 /3月13日(3/13)20200313/ (137回)youtube/Pandora137話 /pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunみれない時は

下記にて
(無料視聴できます)
↓ ↓

 

スカーレットドラマ137話 動画3月13日