TVバラエティ倉庫

BS1スペシャル バレエの王子になる!/見逃し配信/NHK/5月13日が無料視聴(2020年ver)

BS1スペシャル バレエの王子になる!/見逃し配信/NHK/5月13日が無料視聴(2020年ver)

 

2020年5月13日20時からNHKBS1で『BS1スペシャル▽バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春』が放送されます

 

この『バレエの王子になる!2020年5月13日分を』見逃し配信サービスで見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

BS1スペシャル バレエの王子になる!
 

ココから先は見逃した方で見逃し配信サービスで楽しめる内容について書いております。

BS1スペシャル バレエの王子になる!/2020年5月13日動画番組内容

 

<2020ニューヨーク・フェスティバル銅賞受賞作品>世界屈指の名門バレエ学校で、若手ダンサーたちが自らの限界に挑む!プロ目指す19歳の日系人の若者に密着。競い合う仲間は10年に1人と言われる天才ダンサーや、モデルもこなす美少年など、世界中から集まった個性豊かな若者たち。スパルタ指導の校長はロシアが誇る伝説のダンサー。本編終了後、彼らの「その後」を追ったミニ番組を放送!4人から日本へのメッセージも

 

BS1スペシャル バレエの王子になる! 出演者

 

語り
原田美枝子

 

BS1スペシャル バレエの王子になる! 見逃し配信5月13日ストーリー性

 

若者が夢を追ってバレエの本場、ロシアで修行する様子を見れることはとても魅力的に感じます。

なかなか夢を実現するために親元を離れて留学するというのは10代では難しいことなのでは?と思います。

だからこそ、行動力や意志の固さを見てみたいと思いますし、ロシアに行くまでの経緯も知りたいです。

国籍が違う仲間との奮闘や、状況が違う中でなにが有利でなにが不利なのか、日本とロシアの学ぶ環境の違いもおもしろいのでは、と思います。

日本ではプロバレエとして活躍していくのはなかなか難しいことですが、海外ではそうではないのでしょうか。

そのような海外と日本でのバレエそのものの捉え方の違いも知りたいです。

また、海外から見た日本のバレエ文化について知りたいです。

そして日本ではバレエは習い事の一種ですが、ロシアにはバレエ専門の学校ということで、その学校や授業の仕組みも知りたいです。

学校での生活の様子や設備、試験の内容なんかも見れると日本でバレエダンサーになりたい若者の目標になるのではないでしょうか。

専門職に就くためにどのようなことが必要なのか、若者の心情の変化や葛藤もおもしろいと思いますが、リアルにプロのバレエダンサーになるためにどのようなことをしなければならないかということが知れると期待しています。

 

BS1スペシャル バレエの王子になる! 楽しみな点

 
バレエは、お世辞にも人気のあるスポーツであるとは言えないかと思います。
そんなバレエですが、本番組では世界屈指の名門バレエ学校でプロを目指すという姿が
描かれているようです。こちらのバレエ学校の校長先生はロシアが誇る伝説のダンサーで、超スパルタとのこと。どのような指導がなされて、またどんな育成理念を
持っているのか、若手に注目するポイントとはどこなのか。どれくらいスパルタなのか、プロを目指すための練習時間とはどの位のものなのか。注目できると思います。

今回挑戦するのは19歳の日系人ということなので、心情的にも日本人視聴者は応援したい気持ちになるのではないかとも思います。この手の育成関係の番組では、
挑戦者たちがコテンパンに打ちのめされる描写がよくなされますが、本番組ではどんな表現がとられるのか。周りが天才ダンサーやモデルもこなす美少年といわれる

選りすぐりの逸材の中で、彼がどのような成長をして、それがどう放送されるのか。

見ものであるといえます。

また本編終了後には、彼らのその後を追った番組も放送されるということでしたので、過酷な環境を生き抜いた、彼らのその後とは?それぞれの人生のストーリーがどう展開されていくかも、最後まで見逃せないポイントの1つになっていると思います。

 

BS1スペシャル バレエの王子になる! 視聴者感想

 

面白そうな所は、名門バレエ学校に入学した若者の日常を紹介する所です。

名門バレエ学校でのレッスンや仲間との関係など知りたいです。

バレエのダンサーになるためには、どんな素質が、重要とされるのかも興味深いです。
注目は、天才ダンサーと美少年ダンサーです。

バレエの才能とたぐいまれない容姿を持つ美少年の2人は、バレエダンサーとしてどうなってくのか興味深いです。

バレエ学校でのレッスン時間もどのくらい費やしているのか知りたいです。
名門バレエ学校という事で入学してくる生徒は、かなりの技術を持っていると思います。
そのためにレッスンもかなりの時間を費やしそうですね。

まだ若い生徒達が、レッスンについていけるのかも注目ポイントです。

才能あふれる若者達だからこそ指導にも熱が、こもると思うので指導者と生徒とのやりとりも楽しみです。

バレエダンサーというと高くジャンプする姿が、印象的なのでジャンプのレッスンは、どう指導しているのか楽しみです。

楽しみな所は、取材した若者達のその後の様子も紹介する所です。

若者達は、バレエダンサーとして活躍しているのか観てみたいです。

メッセージもあるのでどんなメッセージをくれたのか楽しみです。

 

まとめ

 

プロのバレーダンサーになるべく、厳しくも意味のある指導をしてもらえる講師と、それに食らいついていく若き情熱あふれる未来の王子様の影の努力を追ったドキュメンタリーということで、ロシアではバレーダンサーが国家公務員という驚き、それだけ厳しい芸術の世界に身をおく覚悟をきめた人の気迫の姿は、バレエを知らない人でさえも応援したくなるほどです。

まだ、大舞台でメインを定期的にはれるまえの段階のダイヤの原石的彼らをみたはとは、必ず、プロとして舞台に立つ彼らを幾度となく応援したくなることでしょう。すでにこの番組は、NHKのなかでも何度も放送されてきて、そのたびに大きな反響があったことと思います。

自分はもう若くないと考えずに、今を生きる若者からヒントを得て、これから未来に向けてできることを形にしていくための活力になれたらいいなと思います。

芸術を国を持って保護する環境はいいなと思いながらも、ロシアか、閉鎖的だからこそできる強硬手段なのかもしれないと少し残念な気もします。

日本も芸術、エンターテイメントの分野を保護と言わないまでも、給料形態など対価に関する労働者側の保護はしてもらえたらなと感じてしまった。彼らはもう舞台で舞っているのでしょうか。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

BS1スペシャル バレエの王子になる!見逃し配信無料視聴